Intel’s news source for media, analysts and everyone curious about the company.

自動運転レベル L2+ の「+」を定義する

モービルアイのクラウドソーシングによるマッピングデータが、車両の感知精度を高め、過酷な運転環境でも半自律運転を実現する仕組み

航海における北極星のように、安全性をその道標とするモービルアイは、2017年に L2+ カテゴリーを導入、AV テクノロジーによる安全機能を最新の車両にも適用し、短期間で路上の安全性を高めるとともに、より高度な自律運転に到達するまでのギャップを埋めようと取り組んでいます。

詳細情報: 2019 Mobileye Investor Summit

L2+ では、最適またはそれに満たない条件下においても、高精細マップにより車両が視界の先を予測できるようになります。モービルアイの地図には道路の形状、交通標識、道路標識などが表示され、制御上最適な判断をして、標識がなかったり認識しづらい道路でも円滑に移動できるよう、目の前の運転経路に対し、冗長性のある情報が提供されます。モービルアイはこの 2 年間で、Volkswagen や日産をはじめとする世界トップクラスの自動車メーカーと契約を締結しました。L2+ の実現により、先進運転支援システム (ADAS) のメリットを、さまざまな状況で運転する世界中のドライバーへと広げることができます。

L2+ は、米国自動車技術会が定義する 6 つの運転自動化の SAE レベルには、ぴったりと当てはまらないため、業界ではこの 2 年ほど、異なる解釈が見られました。このような理由から、モービルアイでは導入した L2+ カテゴリーの明確な定義が重要であると考えています。

L2+ とは?

見知らぬ目的地や馴染みのない目的地へ移動するとき、人間であるドライバーが頼りにするのは通常、自分の目と、スマートフォンの地図アプリやダッシュボードに搭載された GPS ナビゲーション・マップという、2 つの情報ソースの組み合わせです。GPS を使い、目の前の経路の形状や方向などを詳しく視覚的に確認することで、先の道がどのようになっているかを目で捉えて予測し、運転する道路状況を鋭く察知できるようになります。視界が悪い状況では特に有用です。

モービルアイでは 2017年に L2+ を導入する際、車両による経路の把握も同様の方法で高めたいと考えていました。つまり、先進運転支援システム (ADAS) に備わっているフロントカメラと自動運転車 (AV) のナビゲート支援を目的に設計されたクラウドソーシングで収集した高精度マップ Roadbook™ を組み合わせるのです。L2+ カテゴリーでは L1 ~ L2 の運転支援安全機能をロケーション・インテリジェンス (位置情報の活用) で強化することにより、あらゆる運転環境下においてもドライバーの利便性を大きく向上させています。モービルアイの Road Experience Management™ (REM™) マッピング・ソリューションにより、車両がクラウドソーシングの Roadbook™ データを活用することで、ドライバーの感知能力を増強できます。また、不確実な情報を排除し、先進的な運転操作を向上させ、より複雑なドライブ設定でも使用できるようになりました。

レーンキープ・アシスト機能を例に考えてみましょう。L2+ 対応の車両では、地図データによって、環状交差点や舗装されたばかりの道路または市街地など、車線マークがない、または分かりにくいエリアでも、車線中央維持機能が有効になります。またこの機能は、昼夜を問わず、霧、日の出、日没、豪雨、降雪、路面反射など、フロントカメラの視界に影響するような厳しい天候条件においても利用できます。L2+ テクノロジーにより、近くの車線も標識もない高速道路の出口も車両側で検出し、ルートの先にある急カーブの幅や通行可否の表示も可能になります。

L2+ 対応車では、REM™ に新しい機能を追加し、どの信号がどの車線に指示を出しているのかなど、運転に関するさまざまな慣習 (例えば、赤では右折する、分岐点に入ったときの停止位置はどこか、この道路が一方通行か対面通行か) を含め、都市部での運転をアシストする ADAS を補強しています。

レーンキープ・アシストの視点から見た L2+

上の動画では、ADAS と Roadbook™ テクノロジーの両方を搭載している車両からの視界 (左) と、ADAS のみを搭載している車両からの視界 (右) を比較しています。特にレーンキープ・アシスタント機能を評価するため、次のクリップ画像で L2+ による違いを示します。

視覚認識の強化: L2+ と L1 ~ L2 でレーンキープ・アシストを比較してみると、ベースラインの視覚的認識に Roadbook™ が及ぼす影響が分かります。ADAS のみの場合、車両側で車線を確認することはできますが、かなりの注意を払って先をナビゲートしなければなりません。 一方、L2+ で実装されたマップデータがあると、車両から視界に入る車線をより具体的に把握できるため、レーンキープ・アシスト機能の精度と能力がさらに高まります。

 

降雨、日射状況での視認性: 車両のフロントカメラで先の道路をどの程度見通せるかは天候条件に影響されます。ADAS のみの場合、車両ではすぐ先の車線マークをかろうじて捉えることはできますが、雨が降れば遠方の車線の視界はまばらになります。この状況では、ドライバーは注意力を高め、レーンキープ・アシストへの依存を控えめにして、車両を車線の中央に維持しなければなりません。 同じ視界を L2+ で見てみると、すぐ前の車線もさらにその先の車線もはっきりと捉えることができ、降雨による視界の問題は、Roadbook™ に備わる位置特定機能によってシームレスに回避されます。ドライバーはやはり注意力を維持する必要はありますが、レーンキープ・アシスタント機能の強化によってさらに利便性が高まっています。

 

視界がはっきりしない状況でのナビゲート: 車線マークが全く見えない状況ではどうでしょうか。ADAS があれば、車両はこの条件下で何が起こる可能性があるのかを感知できます。車線マーキングは自分の右側にあって左側ではないなど、信頼度の高い情報で車線の中央を走行し続けることが可能です。ただしこのような状況では、ドライバーはより集中力維持に心がけて、車両を積極的に制御する必要があります。 Roadbook™ のデータは、フロントカメラの視覚感知機能から独立しており、前方の道路を把握する一定レベルの冗長性を車両に提供します。状況の視認性が低く、車両の視界からは車線マークがはっきり見えない場合でも、L2+ のテクノロジーならば、走行可能な車線を把握する能力は十分に維持されます。

 

ADAS のメリットを新たな領域へ拡張

レーンキープ・アシストとさらにその先のテクノロジーにおいて、L2+ は ADAS 機能を強化するだけにとどまらず、新たな可能性も実現します。ADAS による半自律機能の一部、例えば手放し運転などは、高速道路のような特定の運転条件下では安全と見なされています。同じ機能を Roadbook™ のマップデータで増強し、より高度な設定で L2+ 対応車両に展開すると、安全性への信頼レベルもさらに高まると期待できます。L2+ テクノロジーを搭載した車両のドライバーは、必要に応じて操作を確認して制御できるよう、常に注意力を維持する必要はありますが、この機能強化により、都市部やほかの地域でも、最先端の半自律運転機能の利用が拡大されると見込まれています。

L2+ のこれから

L2+ は、運転の安全性と利便性、双方を高めようと取り組む自動車メーカーにとって刺激的なチャンスをもたらします。モービルアイは今年に入り、中国最大の自動車メーカーである Great Wall Motors (GWM) との提携に向けて一歩踏み出しました。L0 ~ L2+ までサポートする モービルアイベースの ADAS を、今後 3 ~ 5 年にわたり、さまざまな車種に組み込むことを目的としています。また、マスマーケットへの展開を目指し、運行領域の広い L2+ 製品の開発について、Volkswagen とのコラボレーションにより引き続き進めていきます。

モービルアイとインテルにとって、安全性はイノベーションを支える原動力です。L2+ により、道路交通が関わる死亡・重症事故のない「ビジョンゼロ」の未来に向けて、この世界が大きく前進することを願っています。

インテルについて

インテルは業界のリーダーとして、世界中の進歩を促すとともに生活を豊かにする、世界を変えるテクノロジーを創出しています。ムーアの法則に着想を得て、顧客企業が抱える大きな課題を解決する半導体製品を設計・製造し、その進化に向けて日々取り組んでいます。クラウド、ネットワーク、エッジ、あらゆるコンピューティング機器のインテリジェント化によりデータの価値を最大化し、ビジネスと社会をより良く変革します。インテルのイノベーションについては、https://newsroom.intel.co.jp またはhttps://intel.co.jpをご覧ください。
* Intel、インテル、Intel ロゴ、インテルのマークは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。
* その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。