インテルの50年にわたる技術革新

50年前、ロバート・ノイスとゴードン・ムーアは、ある目的をもってインテルを創業しました。何が可能なのかを熟考するために。より良い未来を追求し、想像し、自問し、そして素晴らしいことをするために。そして今、50周年という記念の年を迎え、私たちはロバート・ノイスの言葉を改めて思い出しています。

 

“過去にとらわれてはいけない。そこから離れて何かすばらしいことを始めてみよう。”

 

この50周年という記念の年は、私たちのこれまでの道のりを思い起こすと同時に、“次の何か”を見据えるためのまたとない機会です。インテルは自身が発明したテクノロジーで未来を築きあげ、これまで不可能と思われていた新たな体験を提供し続けています。

 

インテルは2018年7月18日に正式に50周年を迎えますが、今年1年にわたって、従業員、パートナー、そしてコミュニティーが一緒になって、これからのインテルの輝かしい未来と、そしてより良い明日の世界に向けたさまざまな活動に取り組んでいきます。

 

インテルの50年にわたる技術革新(動画)

 

インテルの50年にわたる技術革新(写真)

 

» すべての画像をダウンロード (ZIP, 12 MB)

 

インテルの50周年に関するプレスキットはこちらからご覧いただけます(英語)。

インテルについて

インテル(NASDAQ: INTC)は、半導体業界をリードする企業として、世界中の技術革新の基盤となるコンピューティングや通信の技術により、データを中心とした未来を創造します。技術的な優位性を基盤に、世界中のさまざまな課題の解決だけでなく、クラウドからネットワーク、エッジ、そしてそれらをつなぐあらゆるモノに至るまで、スマートかつつながっている世界を支える数十億ものデバイスやインフラを安全に接続するための支援に取り組んでいます。インテルの詳細については ニュースルーム またはインテルの Webサイト をご覧ください。

Intel、インテル、Intel ロゴは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。
* その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。