インテル、平昌2018冬季オリンピックで5Gネットワークの未来を活性化

冬季オリンピックでの世界最大規模の5Gショーケースの展開に向け、業界リーダーとともに5G技術を実現

インテル コーポレーション 上席副社長 兼 ネットワーク・プラットフォーム事業部長

サンドラ・リベラ

 

モビリティーの進化がスマートフォンの枠を超えて進む今、5Gは、私たちが一生のうちで経験する数少ないインパクトのあるテクノロジー・トランスフォーメーションの1つとなろうとしています。5Gは、シームレスなコネクティビティー、強力なコンピューティング能力、クラウドへの迅速なアクセスのすべてを、初めてまとめて実現します。5Gは、胸が高まるような新しい体験や、私たちの生活、仕事、余暇を絶えず変革しつづける魅力ある新しいビジネス・ユースケースを生み出していくでしょう。人々が5Gの未来を理解し、それを体験できる最もエキサイティングで地球規模な出来事が、インテルのワールドワイド・オリンピック・パートナー・スポンサーシップにより実現します。

 

2018年に開催される平昌2018冬季オリンピックで世界最大規模の5Gショーケースを披露すべく、本日(2017年10月31日)韓国・ソウルで、インテルは韓国の通信事業者、KTコーポレーション(以下、KT)とのコラボレーションを発表し、冬季オリンピック開催100日前のカウントダウンを祝いました。大会期間中、KTはインテルの5G技術を組み合わせて、大規模な5Gネットワークを構築し、会場で5Gならではの数々の没入型の体験機会を提供します。

 

これらからのオリンピックは、5Gの未来を紹介していく場ともなります。私たちの共同の取り組みを通じて、来場者が5G技術を体験できるユニークな機会を創出します。また、今後のオリンピック大会では、膨大な数の新しいデバイスやデータを生み出す源となるネットワーク、クライアント、クラウドのすべてに関わり、強みを発揮できるインテル独自の5Gが見どころになるでしょう。5Gの実現には、これらのすべての要素が一体化した強力なエンド・ツー・エンドの ソリューションが必要です。

 

私は、インテルが5G技術の旗手となり、ギガビット級のワイヤレス・ブロードバンドによる超低レイテンシ―のビデオ配信や没入感のあるコンテンツのライブストリーミングを可能にし、来場者や企業がオリンピックを画期的な手法で楽しめるようにしたいと考えています。5Gによるこの体験は、インテルの高性能なプロセッサーを用いた強力なエッジ/コア・ネットワーキング能力によって支えられることになるでしょう。

 

2018年の平昌2018冬季オリンピックで、インテル、KT、そしてエコシステムの協力企業は、Gangneung Olympic Park(江陵オリンピック公園)、光化門、その他、韓国国内のオリンピック会場で5Gのショーケースを展開します。

 

加えて、5Gネットワークを可能にするインテル® 5G モバイル・トライアル・プラットフォームやインテル 5Gネットワーク技術(FlexRAN技術を含む)により、人々はオリンピック会場の各所でも5Gを体験できるようになる予定です。

 

オリンピックは、何世紀にもわたり、人間のパフォーマンスの限界を試すことができる重要な場として、その役割を果たしてきました。インテルは今年、私たちの技術とイノベーションを活用し、オリンピックでの経験を積みます。私はインテルの一員であること、そして、画期的な業界コラボレーションと5Gのもつトランスフォーメーションの力を示しながら、技術の限界を押し広げるという目標に参画できることに誇りをもっています。

インテルについて

インテル(NASDAQ: INTC)は、半導体業界をリードする企業として、世界中の技術革新の基盤となるコンピューティングや通信の技術により、データを中心とした未来を創造します。技術的な優位性を基盤に、世界中のさまざまな課題の解決だけでなく、クラウドからネットワーク、エッジ、そしてそれらをつなぐあらゆるモノに至るまで、スマートかつつながっている世界を支える数十億ものデバイスやインフラを安全に接続するための支援に取り組んでいます。インテルの詳細については ニュースルーム またはインテルの Webサイト をご覧ください。

Intel、インテル、Intel ロゴは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。
* その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。