安全なデジタル世界を目指して:RSA 2018でシリコンレベルのセキュリティー技術と業界との連携を発表

マイクロソフトとシスコが、高度なセキュリティー上の脅威からの保護のため、新しいインテル® Threat Detection Technologyを採用

 

<ご参考資料>
* 2018年4月16日に米国で発表された資料の抄訳です。

 

インテル・コーポレーション
ソフトウェア&サービス事業本部 副社長 兼 プラットフォーム・セキュリティ-事業部長
リック・エチェベリア

 

今日のサイバーセキュリティー環境は新たな脅威の登場とともに日々進化を続け、このことは私達が顧客と顧客のデータを保護するためのソリューションを継続的に提供しなければならないということを意味しています。サイバーセキュリティーにおいては、ハードウェアがセキュリティーにおける技術革新の基盤であり、信頼の基礎であることから、インテルは長年にわたって、シリコンからアプリケーション、またクライアント・デバイスからエッジ、そしてクラウドに至るまで、セキュリティーの技術革新に注力しています。

 

インテルではこの1年で業界のリーディング企業と協力し、コンフィデンシャル・コンピューティングやブロックチェーンのような、セキュリティーを備えた未来のワークロードの普及促進に取り組むとともに、IoTデバイス向けにインテル® Secure Device Onboardも発表しています。さらに最近では、1月初旬に公開されたサイドチャネル攻撃に対する保護対策をインテルのハードウェア製品向けに順次提供しています。

 

そして本日、インテルではセキュリティーに関するさらなる進化として、2つの新しいテクノロジーを発表しました。1つは、エコシステム全体で新たな分野の脅威を検出できるシリコンレベルの機能であるインテル® Threat Detection Technology(インテル® TDT)、もう1つはインテルのプロセッサー製品すべてに組み込まれてセキュリティー機能を標準化するためのフレームワークであるインテル® Security Essentialsです。また、米パデュー大学とのパートナーシップによる産学連携の強化も発表し、サイバーセキュリティー人材の育成と供給をさらに加速していきます。

 

インテル® Threat Detection Technologyの発表

インテル® Threat Detection Technologyは、シリコンレベルのテレメトリと機能を活用し、業界のパートナー各社が高度なサイバー上の脅威や脆弱性を検出できるようにします。そして本日、インテル® Threat Detection Technologyとして最初に提供される2つの機能を発表しました。これら機能は最初にマイクロソフトとシスコの両社のソリューションへの実装が予定されています。

 

最初に提供される2つの新機能のうちの1つ目は、Accelerated Memory Scanningです。現在のスキャン技術は、システム・メモリーをベースとしたサイバー攻撃を検出できますが、CPUのパフォーマンスを使用します。このAccelerated Memory Scanningでは、スキャンはインテルの統合グラフィックス・プロセッサーで実行されるため、より多くのスキャンを実行できるようになると同時に、パフォーマンスや消費電力への影響を抑えることができます。インテルのテスト用システムでの初期ベンチマークでは、メモリーのスキャンをインテルの統合グラフィックスへとオフロードすることで、CPU使用率は20%から最小で2%に下がりました。

 

マイクロソフトでは、今月にもAccelerated Memory ScanningをMicrosoft Defender Advanced Threat Protection(ATP)のアンチウイルス機能に統合する予定です。

 

最初に提供される2つの新機能のうちの2つ目は、インテル® Advanced Platform Telemetryです。インテル® Advanced Platform Telemetryは、プラットフォームのテレメトリと機械学習アルゴリズムを組み合わせることで、高度な脅威の検出精度を向上すると同時に、誤検出を減らし、そしてパフォーマンスへの影響を最小化します。そして、シスコが提供する、データセンターのセキュリティーとクラウドのワークロード保護を提供するCisco Tetrationプラットフォームがこれらの機能を統合、活用する最初の製品になる予定です。

 

私は、新たな脅威から顧客を保護するために、主要パートナー各社とともにシリコンやソフトウェア全体にわたる技術革新の進化をリードできることに大きな喜びを感じています。

 

インテル® Security Essentials:組み込まれたセキュリティー基盤

さらにインテルは本日、インテル® Security Essentialsも発表しました。これは、インテル® Core™、インテル® Xeon®、インテル® Atom™のプロセッサー全体にわたって、信頼の基礎(root-of-trust)となるハードウェア・ベースの一貫したセキュリティー機能セットを提供するものです。これらの機能セットは、セキュア・ブート、データ/キー/その他のデジタル資産向けのハードウェアの保護、高速な暗号化技術、信頼された実行領域など、実行中のアプリケーションを保護するためのプラットフォームの整合性を維持する技術です。

 

この標準化された機能セットにより、顧客はハードウェア・ベースの保護を備えた状態でソリューションを構築できるため、信頼されたコンピューティング環境の普及を加速します。さらに、インテルのシリコンに直接統合されたこれらの機能は、コンピューティングのセキュリティー強度の向上、セキュリティー・ソリューションの導入コストの削減、セキュリティーによるパフォーマンスへの影響の最小化を実現できるよう設計されています。

 

米パデュー大学との産学パートナーシップの強化

インテルはセキュリティーのエコシステムにおける積極的なパートナーでありたいと考えています。テクノロジー業界では現在、サイバーセキュリティー人材の不足が課題となっています。この課題に対応するため、インテルでは産学が連携して次世代のセキュリティー専門家の育成と供給をさらに加速する必要があると考えています。

 

これを受けてインテルでは、サイバーセキュリティーに関する研究をさらに進化させ、業界における人材不足を解決するために、学術界とのパートナーシップを強化します。本日、パデュー大学はインテルとのパートナーシップを通じて開発された、学生や専門家向けのDesign for Security Badge Programの開始を発表しました。

 

今週のRSAでは、その他にも数社のパートナーからの発表が予定されており、ぜひこの機会にRSAに参加している皆様にはインテルのブース(北ホール#3435)に立ち寄ってさらなる詳細をご覧いただきたいと思っています。

 

インテルは安全なデジタル世界に向けて、まずシリコンレベルでの安全な基盤の提供を開始しました。インテルは、以前に発表した“セキュリティー・ファーストへの誓い“に基づいて、業界のパートナー各社とともに休むことなく顧客と顧客のデータを保護し続けるために引き続き取り組んでいきます。

 

 

インテルについて

インテルは、テクノロジーの可能性を広げ、この上ない感動体験を提供します。インテルの詳細については、newsroom.intel.co.jp または intel.co.jp でご覧ください。

 

* Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon、インテル Core、インテル Atomは、米国および/またはその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。

* その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。

 

Cisco Disclaimer: Some of the features described herein remain in varying stages of development and will be offered on a when-and-if-available basis. Any product roadmap is subject to change at the sole discretion of Cisco and Cisco will have no liability for delay in the delivery or failure to deliver any of the products or features referenced in this document.

 

Intel Disclaimer: Software and workloads used in performance tests may have been optimized for performance only on Intel microprocessors. Performance tests, such as SYSmark and MobileMark, are measured using specific computer systems, components, software, operations and functions. Any change to any of those factors may cause the results to vary. You should consult other information and performance tests to assist you in fully evaluating your contemplated purchases, including the performance of that product when combined with other products. For more information go to www.intel.com/benchmarks.

 

Intel technologies’ features and benefits depend on system configuration and may require enabled hardware, software or service activation. Performance varies depending on system configuration. No computer system can be absolutely secure. Check with your system manufacturer or retailer or learn more at www.intel.com.

 

Configurations: For test system configuration information, contact Intel.

インテルについて

インテル(NASDAQ: INTC)は、半導体業界をリードする企業として、世界中の技術革新の基盤となるコンピューティングや通信の技術により、データを中心とした未来を創造します。技術的な優位性を基盤に、世界中のさまざまな課題の解決だけでなく、クラウドからネットワーク、エッジ、そしてそれらをつなぐあらゆるモノに至るまで、スマートかつつながっている世界を支える数十億ものデバイスやインフラを安全に接続するための支援に取り組んでいます。インテルの詳細については ニュースルーム またはインテルの Webサイト をご覧ください。

Intel、インテル、Intel ロゴは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。
* その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。