Intel’s news source for media, analysts and everyone curious about the company.

2016 年インテル国際学生科学フェア、日本代表 4 名が部門最優秀賞を含む、計 5 つの賞を受賞

~ 千葉市立千葉高等学校 3 年 市毛 貴大さんが機械工学部門の部門最優秀賞に選出 ~

2016 年インテル国際学生科学フェア
日本代表 4 名が部門最優秀賞を含む、計 5 つの賞を受賞
~ 千葉市立千葉高等学校 3 年 市毛 貴大さんが機械工学部門の部門最優秀賞に選出 ~

2016 年 5 月 16 日

インテル株式会社(東京本社:東京都千代田区丸の内 3-1-1、代表取締役社長 江田 麻季子)は、5 月 8 日~13 日(現地時間)に米国アリゾナ州フェニックスで開催された 2016 年インテル国際学生科学技術フェア「Intel International Science and Engineering Fair 2016」(Intel ISEF)で、日本代表 4 名が部門最優秀賞を含む計 5 つの賞を受賞したと発表しました。千葉市立千葉高等学校 3 年 市毛 貴大さんが機械工学部門の 1 等を受賞するとともに、日本人として二人目となる部門最優秀賞(Best of Category)を獲得、さらに日本人初となるインテル財団文化・科学中国訪問賞を受賞しました。

Intel ISEF は、高校生を対象とした世界最大の科学コンクールで、インテルはそのメイン・スポンサーを務めています。今年は世界 77 の国と地域で実施された 419 の提携フェアから選抜された 1,700 人以上の生徒が参加しました。Intel ISEF 全体の最高賞にあたるゴードン・ムーア賞などの上位 3 名受賞者に加え、部門最優秀賞(Best of Category)22 名など、約 600 人の生徒が、それぞれの革新的な研究発表に対して表彰や賞金を受けました。

日本からは、16 プロジェクト、合計 27 名が Intel ISEF に参加しました。
日本代表の入選者と各プロジェクトの内容は以下の通りです。

  • 機械工学部門 優秀賞 1 等および部門最優秀賞、ならびにインテル財団 文化・科学中国訪問賞
    千葉市立千葉高等学校(千葉県)3 年 市毛 貴大(いちげ たかひろ)さん(18 歳)
    テーマ:「ステッピングモーターの省電力制御」
  • 分子生物学部門 優秀賞 2 等
    慶応義塾大学 1 年(横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校出身)
    藁科 友朗(わらしな ともろう)さん(18 歳)
    テーマ:「カイコ絹糸腺抽出セリシンの取得と動物細胞培養素材への応用」
  • エネルギー:化学的部門 優秀賞 2 等
    米子工業高等専門学校(鳥取県)4 年 前田 千澄(まえた ちずみ)さん(18 歳)
    同校 3 年 山村 萌衣さん(やまむら めい)さん(17 歳)
    テーマ:「天然に存在する薄膜を発電装置の材料として活用する研究」

また、Intel ISEF 全体としては、最高賞のゴードン・ムーア賞(Gordon E. Moore Award)には、カナダ代表の Han Jie (Austin) Wang さん(18 歳)の「Boosting MFC Biocatalyst Performance: A Novel Gene Identification and Consortia Engineering Approach(バイオ燃料電池の生体触媒性能の向上:新規の遺伝子同定とコンソーシア工学アプローチ)」が受賞しました。次点にあたるインテル青年科学賞(Intel Foundation Young Scientist Award)には、米国テキサス州の Syamantak Payra さん(15 歳)の「Brace Yourself: A Novel Electronically Aided Leg Orthosis(電子制御補助の足装具)」と、米国ユタ州の Kathy Liu さん(17 歳)の「Nature-Based Solid Polymer Electrolytes for Improved Safety, Sustainability, and Efficiency in High-Performance Rechargeable Batteries(高性能全固体二次電池における効率的で安全かつ持続可能な天然由来固体ポリマー電解質)」の 2 名が選ばれました。

インテルについて

インテルは、テクノロジーの可能性を広げ、この上ない感動体験を提供します。インテル、そしてインテル 10 万人以上の社員による創造の成果については、newsroom.intel.co.jp または intel.co.jp でご覧ください。

以上

* Intel、インテル、Intel ロゴは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。
* その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。

インテルについて

インテルは業界のリーダーとして、世界中の進歩を促すとともに生活を豊かにする、世界を変えるテクノロジーを創出しています。ムーアの法則に着想を得て、顧客企業が抱える大きな課題を解決する半導体製品を設計・製造し、その進化に向けて日々取り組んでいます。クラウド、ネットワーク、エッジ、あらゆるコンピューティング機器のインテリジェント化によりデータの価値を最大化し、ビジネスと社会をより良く変革します。インテルのイノベーションについては、https://newsroom.intel.co.jp またはhttps://intel.co.jpをご覧ください。
* Intel、インテル、Intel ロゴ、インテルのマークは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。
* その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。