Intel’s news source for media, analysts and everyone curious about the company.

インテル、比類のない5Gネットワーク・インフラストラクチャー向けポートフォリオを発表

10nmベースの基地局向け SoCを主要プロバイダーが採用 新たな第2世代Xeonスケーラブル・プラットフォームを提供開始

インテル コーポレーションは、5Gネットワークの初期展開において重要となる無線基地局向けの10nmベースのシステムオンチップ(SoC)であるIntel Atom® P5900など、ハードウェアからソフトウェアに至る広範なポートフォリオを発表しました。5Gの可能性を最大限に引き出すためには、コアからエッジに至るネットワーク・インフラストラクチャーの変革が求められます。インテルは、世界をリードするネットワーク・シリコン・プロバイダーとして、この変革を最前線で推進します。

Navin Shenoy, executive vice president and general manager of the Data Platforms Group at Intel Corporation, displays the Intel Atom P5900. The highly integrated 10nm system-on-chip is designed for critical 5G network needs. On Monday, Feb. 24, 2020, Intel announced its unmatched portfolio of hardware and software to unlock the full potential of 5G. (Credit: Walden Kirsch/Intel Corporation)

インテル コーポレーション 主席副社長 兼 データ・プラットフォーム事業本部 本部長のナヴィン・シャノイ(Navin Shenoy)は「5Gへの移行により、ネットワーク・インフラストラクチャーには、2023年までに250億米ドルにおよぶ半導体の市場機会が創出されるとみています。コアからエッジ、アクセスまで、全体をまたぐ5Gソリューションを設計、提供、展開するための最速かつ最も効果的な道筋をお客様に提供することにより、この成長市場におけるシリコン業界のリーダーとしての立ち位置をさらに前進させる準備を整えました」と述べています。

比類のない5Gインフラストラクチャー向けポートフォリオ

5Gネットワークが本格化する中、最も重要な低遅延であるサービスを迅速に提供できるよう、お客様はより高いパフォーマンスと柔軟性を求めています。このような背景のもと、インテルは多数の新発表を行いました。

 

  • インテル® アーキテクチャーに基づく10nm ベースのSoCである無線基地局向けのインテル Atom® P5900プラットフォームを提供開始:インテル Atom® P5900の提供開始により、インテルは、インテル® アーキテクチャーをコアからアクセス、さらにはネットワークのエッジまで拡張します。インテルは、当初の予測よりも1年早い2021年までに、基地局の主要なシリコン・プロバイダーになると考えています。高度に統合された10nmベースのSoCとして、インテル Atom® P5900は高帯域幅や超低遅延といった、現在そして将来における5G基地局に必要とされる機能を満たすように設計されています。インテル Atom® P5900は、ネットワーク環境向けのインテルの豊富なシリコン・ポートフォリオを強化するとともに、インテル製シリコンを無線基地局市場における基盤として導入するものであり、2024年までに600万の5G基地局に導入されると予測されています。インテルは主要プロバイダーと協力し、差別化されたソリューションとして本製品を展開します。
  • 新しい第2世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー: 3,000万台を超える販売台数を誇るデータ・プラットフォーム・インフラストラクチャー基盤であるインテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーは、ネットワークの変革をリードしてきました。現在、コア・ネットワークの50%が仮想化ネットワークへ移行しており、5Gが主流となる2024年までに80%まで拡大すると予測されています。本日より提供開始される新しい第2世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーは、前世代のインテル® Xeon® Gold プロセッサーと比較して平均36%、1ドルあたりでは平均42%高いコスト・パフォーマンスを提供し、クラウド、ネットワーク、エッジで求められるお客様のニーズにさらなる価値を提供します。さらに、ハードウェアで強化されたセキュリティーと組込みの暗号化アクセラレーターにより、データとプラットフォームの整合性を保護します。また、インテルは、お客様が優先するワークロードにおけるこの新プロセッサーのパフォーマンスを支援するよう、18のインテル® Select ソリューションを更新しました。
  • 5Gネットワークを加速するインテル初の次世代ストラクチャードASIC 「Diamond Mesa」:Diamond Mesa(コードネーム)は、5Gネットワークに求められる高いパフォーマンスと低遅延を実現する、インテルの比類のないプロセッサーおよびFPGAのポートフォリオを補完するように設計されています。Diamond MesaのようなストラクチャードASICは、FPGAのような完全なプログラマビリティーを必要としない製品開発に対して、リスク最小の最適化パスを提供し、前世代製品と比較して約2倍の性能向上を目標としています。インテルは、Diamond Mesaの投入により、ネットワーク・インフラストラクチャー市場における全方位的なシリコン・プラットフォームを提供する唯一の事業者というポジションを確立します。Diamond Mesaは早期アクセスのお客様への提供を開始しています。
  • ハードウェア的な強化を図ったPTPを搭載した初の5G最適化イーサネットNICであるインテル® イーサネット 700  シリーズ・ネットワーク・アダプター:インテル®  イーサネット 700  シリーズ(コードネーム:Edgewater Channel)は、GPSベースのクロス・ネットワーク・サービスにハードウェア的な機能強化が図られたPrecision Time Protocol(PTP)を搭載した、インテル初の5Gに最適化されたネットワーク・アダプターです。5Gネットワークの実装全体における遅延要件では、特にエッジ・サーバーにおける既存のイーサネット技術に課題がありました。一方、費用対効果が高い価格で、ネットワーク全体の正確な時刻同期を維持することは、アプリケーションの遅延に対処する1つの手段です。インテル® イーサネット 700 シリーズ・アダプターは、ハードウェアおよびソフトウェア両面での機能強化を組み合わせることで、5Gネットワークに必要なタイミング精度の向上を実現します。インテル® イーサネット 700 シリーズは現在サンプル出荷中であり、2020年第2四半期に量産を開始する予定です。

新しいソフトウェアへの投資

インテルは、オープン・ネットワーク・エッジ・サービス・ソフトウェア(OpenNESS)に新機能を統合し、お客様やパートナーが市場投入までの時間を劇的に短縮できるようにするなど、業界をリードするエッジコンピューティング・ソフトウェア・ツールキットの拡張を図ってきました。OpenNESSは、スタンドアロンの5GNRとEnhanced Platform Awareness(EPA)の展開をサポートするようになり、お客様はより柔軟かつ容易にクラウド・ネイティブなエッジのマイクロサービスの展開が可能です。インテルは、カスタム化された5G展開がさらに加速できるよう、カスタマイズされたOpenNESS体験キットを提供しています。OpenNESSは、インテルのOpenVINO™とOpen Visual Cloudを補完し、エッジコンピューティング開発のニーズに対応します。

比類のないエコシステムのコラボレーション

技術革新には、互いの貢献を積み上げることができる業界イノベーター間の緊密な協業が必要です。インテルは、お客様やパートナー間の協業を推進し、技術的な変遷をリードしてきた豊富な経験にもとづく、独自の立ち位置を確立しています。ネットワーク・インフラストラクチャーの能力をさらに高め、エッジ・ソリューションを高速化できるよう、アルティオスター、デル、ドイツテレコム、HPE、 レノボ、 QCT、楽天、VMware、ZTE といった業界を代表する企業との戦略的な協業を発表しました。

インテルは、過去51年にわたり技術革新の最前線にいます。5Gネットワーク・インフラストラクチャー向けの最も広範なシリコン・ポートフォリオを提供し、今後も引き続きお客様およびパートナーに多様な機会を提供していきます。

インテルについて

インテルは業界のリーダーとして、世界中の進歩を促すとともに生活を豊かにする、世界を変えるテクノロジーを創出しています。ムーアの法則に着想を得て、顧客企業が抱える大きな課題を解決する半導体製品を設計・製造し、その進化に向けて日々取り組んでいます。クラウド、ネットワーク、エッジ、あらゆるコンピューティング機器のインテリジェント化によりデータの価値を最大化し、ビジネスと社会をより良く変革します。インテルのイノベーションについては、https://newsroom.intel.co.jp またはhttps://intel.co.jpをご覧ください。
* Intel、インテル、Intel ロゴ、インテルのマークは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。
* その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。