インテル、 インテル® Xeon® W プロセッサーおよびインテル® Core™ Xシリーズ・プロセッサーに おいてAI機能を拡張。新たな価格体系も発表

プロフェッショナルのコンテンツ・クリエイターやデスクトップPC愛好家向けに設計された、 最新のワークステーションおよびハイエンド・デスクトップ・プラットフォーム

*2019年10月7日に米国で発表された資料の抄訳です。

 

ニュースハイライト

  • 11月の提供開始が予定されている、最新世代のインテル® Xeon® W-2200シリーズおよびインテル® Core™ Xシリーズ プラットフォームを発表
  • ハイエンド・デスクトップPCおよびメインストリームのワークステーションの両プラットフォームに、インテル® ディープラーニング・ブーストを使用したAIアクセラレーションを初めて搭載するなど、コンピューティングにおけるAIの活用をさらに推進
  • インテル® Xeon® プロセッサー、インテル® Core™ Xシリーズ、および一部のインテル® Core™ プロセッサーに新たな価格体系を導入。主力製品のポートフォリオ全体で顧客により多くの価値を提供するとともに、製品をより求めやすい価格で提供

 

インテル コーポレーション(本社:米国カリフォルニア州サンタクララ)は、本日、プロフェッショナルのクリエイターやPC愛好家向けとして、新しいレベルのコンピューティング性能とAIアクセラレーションを備えたインテル® Xeon® Wプロセッサーおよびインテル® Core™ Xシリーズ・プロセッサーの最新ラインナップを発表しました。増加する顧客からの多様なニーズに対応できるようにカスタム設計された新しいXeon W-2200 プロセッサーおよびインテル® Core™ Xシリーズ・プロセッサーは、11月の提供開始が予定されています。また、新しい価格体系を導入し、クリエイターやPC愛好家を中心に、メインストリームの製品であるインテル® Core™ Sシリーズからの買い替えを支援します。

インテルは、プロのクリエイターやPC愛好家が日常的に直面する、処理に長時間を要し、かつ非常に高いコンピューティング能力が求められるワークロードを処理するというニーズに応えた最適な製品を完全なポートフォリオとして提供できる唯一の企業です。新しいインテル® Xeon® W-2200シリーズおよびインテル® Core™ Xシリーズ・プロセッサーは、このインテルのポートフォリオを次のレベルへと引き上げる製品ラインナップであり、インテル® ディープラーニング・ブーストの統合によるAIアクセラレーション機能を備えた最初のハイエンド・デスクトップPCおよびメインストリームのワークステーションを実現します。AIアクセラレーション機能の搭載により、AI推論の速度が前世代製品と比較して2.2倍1向上しています。さらに、新シリーズにはインテル® ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー 3.0が搭載され、最も高速なコアを特定し、優先的に使用することで、シミュレーションやモデリングなどのソフトウェアをより高速に実行できます。

 

インテル コーポレーション 副社長 兼 デスクトップ・ワークステーション・チャネル事業本部長のフランク・ソクイ(Frank Soqui)は「プロのクリエイターや愛好者のコミュニティーは、特定のミッション・クリティカルなニーズを持っており、常に最先端の技術を利用できるような製品技術を求めています。このため、ハードウェアとソフトウェアの高度な最適化を求めると同時に、AIアクセラレーションのような機能をどのように投入できるかということにも注視しています。インテル® Xeon® W-2200シリーズおよびインテル® Core™ Xシリーズは十分な性能と柔軟な選択肢を備えており、データ・サイエンティスト、映像クリエイター、あるいはフリーランサーを問わず、高い性能を必要とするワークロードを創造的かつ競争力をもって処理することができます」と述べています。

究極のプロ・クリエイター向けプラットフォーム

プロフェッショナル・クリエイターにとって、インテル® Xeon® W-2200プラットフォームは最高の選択肢です。新しい8つのプロセッサー(W-2295、W-2275、W-2265、W-2255、W-2245、W-2235、W-2225、W-2223)は、データサイエンス、VFX、3Dレンダリング、高度な3D CAD、AI開発およびエッジ運用といった用途に対し、優れたパフォーマンスとプラットフォームレベルの拡張機能を提供します。この新製品は、小型デスクトップからフルタワーまで、あらゆるフォームファクターで使用可能であり、ECCサポートやIntel vProテクノロジーといった、プロのクリエイターに需要が高く、プラットフォーム内蔵型のセキュリティーや信頼性技術も有しています。例えば、Autodesk社のRevit V-Ray*での3Dアーキテクチャー・レンダリング処理では、前世代と比較して最大10%高速2であり、3年前のワークステーション3と比較して最大2倍高速です。

製品の詳細については、インテル® Xeon® W-2200製品概要をご参照ください。

 

PC愛好家とクリエイターの架け橋

プロフェッショナル向け製品に搭載されたセキュリティーや信頼性が不要なフリーランサーやプロシューマー、デスクトップ愛好家向けに、より柔軟なオーバークロック機能が追加されたインテル® Core™ Xシリーズ・プロセッサーを提供します。4つの新しいプロセッサー(i9-10980XE、i9-10940X、i9-10920X、i9-10900X)は、画像/動画編集、ゲーム開発、3Dアニメーションなど、多岐に渡る高度なワークフローに適しています。また、インテル® Core™ Xシリーズの個々のパフォーマンスDNAに基づいて、アンロックされたプロセッサーを動的、確実、かつ容易にカスタマイズできるインテル® パフォーマンス・マキシマイザーなど、強力な拡張機能を提供します。

クリエイターは、強力なコンピューティング性能や特定のワークロードに対応できる性能を求めており、メインストリームのデスクトップPC用プロセッサー以上の性能を求めるクリエイターにとって、インテル® Core™ Xシリーズはよりお求めやすい価格となりました。

製品の詳細については、インテル® Core™ Xシリーズ製品概要をご参照ください。

 

価格体系に関する追加情報

インテル® Xeon® Wシリーズおよびインテル® Core™ Xシリーズに加え、内蔵グラフィックスを搭載しないインテル® Core™ Sシリーズ・プロセッサーにも新しい価格体系を導入します。インテルは、長期的なロードマップのもとにこれらのプロセッサーの提供に取り組んでおり、今回、インテルは製品ポートフォリオと価格設定を適正に見直しました。新しい価格は、本日より、現在販売されている第9世代のインテル® Core™ デスクトップ・プロセッサーから適用されています。

 

インテル® Xeon® W-2200シリーズ・プロセッサー 製品一覧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

» 画像を最大化する

インテル® Core™ X シリーズ・プロセッサー 製品一覧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

» 画像を最大化する

インテルについて

インテル(NASDAQ: INTC)は、半導体業界をリードする企業として、世界中の技術革新の基盤となるコンピューティングや通信の技術により、データを中心とした未来を創造します。技術的な優位性を基盤に、世界中のさまざまな課題の解決だけでなく、クラウドからネットワーク、エッジ、そしてそれらをつなぐあらゆるモノに至るまで、スマートかつつながっている世界を支える数十億ものデバイスやインフラを安全に接続するための支援に取り組んでいます。インテルの詳細については ニュースルーム またはインテルの Webサイト をご覧ください。

 

Intel、インテル、Intel ロゴは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。

* その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。

インテルについて

インテル(NASDAQ: INTC)は、半導体業界をリードする企業として、世界中の技術革新の基盤となるコンピューティングや通信の技術により、データを中心とした未来を創造します。技術的な優位性を基盤に、世界中のさまざまな課題の解決だけでなく、クラウドからネットワーク、エッジ、そしてそれらをつなぐあらゆるモノに至るまで、スマートかつつながっている世界を支える数十億ものデバイスやインフラを安全に接続するための支援に取り組んでいます。インテルの詳細については ニュースルーム またはインテルの Webサイト をご覧ください。

Intel、インテル、Intel ロゴは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。
* その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。