インテル、 家庭向けの宅内IoTプラットフォームの実証実験を開始

家庭向けサービスの標準プラットフォームの実現へ

 

インテル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:江田麻季子、以下インテル)は、世界標準のIoTプラットフォームを採用した家庭向け宅内IoTプラットフォームの実証実験を2017年4月より、各協力会社(以下参照)の協力のもと、開始します。

 

現在、インターネットにつながるさまざまな機器が登場し、社会の大きな進化と、人々の生活のさらなる向上を推進しています。そして、これらの機器により膨大な量のデータが生成され、今後ますますその量は増加していくと予想されています。インテルでは、このような膨大なデータの通信・解析・利用が、新たな産業やビジネスチャンスの創出につながると考えており、データの価値をさらに高めることに取り組んでいます。

 

このような新たな潮流は、家庭内においても同様であり、今後、家庭でのIoTの活用が拡がることにより、各種デバイス、センサー、家電等により収集されるデータが爆発的に増えると見込まれています。そして、産業界と同様に、家庭で収集されたデータを活用することによって新たに生まれるサービス事業を通じて、経済活動の向上や人々の生活がさらに快適になるものと期待されています。その一方で、個人情報の漏えいに対する堅固な保護も課題となっています。

 

このような環境を背景に、インテルは、宅内IoTにおけるインフラの確立と新たなサービスの可能性を検証することが重要であると考えています。そして、その取り組みの一環として、オープンなIoTデバイス接続環境のもとでも、個人情報データの優れた保護と秘匿性の確保を可能にする宅内IoTプラットフォームの検証を実施します。

 

実証実験の概要は次の通りです。

  • 関西地区のファミリー世帯100戸において、インテル® Atom™ プロセッサー搭載のゲートウェイ、ならびにインテル® Quark ™プロセッサー搭載の環境センサーの設置
  • IoT標準化団体であるOpen Connectivity Foundation(以下、OCF)1の仕様に準拠したIoTivity※2を日本で初めて宅内ゲートウェイのプラットフォームとして採用した異種デバイス間の相互運用性の検証
  • 宅内ゲートウェイの制御による、宅内で収集されるデータの保護と匿名化
  • 本実証に参加するサービス事業社へのオープンなアプリケーション開発環境とAPI※3の提供に加え、これらを通じて開発される新しいサービスの検証

 

インテルは、本実証を通じて、家庭およびサービス事業社が今後、以下のメリットを享受できるようになることを期待しています。

  • 宅内ゲートウェイによるエッジアナリティクス※4を活用した、家庭消費者向けの最適かつタイムリーなサービスの提供
  • 個人情報を宅内に保持することにより、家庭消費者の安心・安全を担保すると同時に、必要時や緊急時に信頼されたサービス事業社のみに有益なデータを提供できる仕組みの確立
  • 容易な顧客セグメンテーションを活用したサービス事業社によるマーケティング分析およびサービス事業の継続的な拡大
  • 世界の標準化団体であるOCFの仕様に基づいたデバイス接続環境によるIoT機器の相互運用性の飛躍的な向上と、サービス・アプリケーションの容易な開発

 

本実証試験は、関西電力をはじめとする、次のクラウドおよびハードウェア事業協力社と共同で開始します。

  • 関西電力:「はぴeみる電」5を家庭向けサービスの提供窓口として提供
    はぴeみる電は、すでに会員数203万人を保有しており、宅内ゲートウェイを使用することにより、さらに充実したサービスの拡大とお客さまの満足度を向上することを目的としています。本検証においては、100世帯の実証環境を提供
  • Kii株式会社:IOTクラウド環境の提供
  • ぷらっとホーム株式会社:実証用宅内IOTゲートウェイ

 

また、インテルでは、モバイルヘルスケア、小売サービス、保険・金融サービス、教育コンテンツサービス、旅行サービスを提供する事業会社とも連携し、家庭におけるサービス・アプリケーションの検証を行う予定です。

具体的なサービス共同事業者名は、後日公表予定です。

 

【宅内IOTプラットフォーム実証の概念図】

 

<脚注>
※1 The Open Connectivity Foundation(OCF)はIoT標準規格の策定とオープンソースプロジェクトの支援を目的とした団体です。
※2 IoTivityは、OCFで定義された標準規格のリファレンス実装をリリースするためのLinux Foundation傘下のオープン ソース プロジェクトです。
※3 APIとは、アプリケーションプログラムインターフェイスの略語で、プログラミングの際に使用できる命令や規約、関数等の集合の事を指します。
※4 エッジアナリティクスは、クラウド内のサーバーなどによる中央でのアナリティクス(分析)対して、端末の近くでアナリティクス(分析)をすることを意味します。
※5 はぴeみる電は、H21/7に、電気代や使用量をチェックできる「電気ご使用量のお知らせ照会サービス」としてスタートしました。H27/3に使用量の確認の他にも、エリア情報やお得なクーポンなど、暮らしに役立つ情報もご利用いただけるように全面リニューアルを実施した関西電力のみえる化サービスです。

 

以上

 

関西電力株式会社について

関西電力は、近畿地方2府4県(京都府、大阪府、滋賀県、兵庫県(赤穂市福浦を除く)、奈良県、和歌山県)および福井県(三方郡美浜町以西)、三重県(熊野市[1]以南)、さらには岐阜県不破郡関ケ原町の一部を営業区域とする電力会社。H28/4 電力小売自由化にあわせてH28/7 から首都圏におけるご家庭など低圧供給のお客さまへの電力販売開始。H29/4 ガスの小売全面自由化にあわせて関西圏でのガスの小売販売を開始する。詳細については、http://www.kepco.co.jp/ をご覧ください。

 

Kii株式会社について

Kii は、モノのインターネット(IoT)やモバイルアプリケーションに最適化されたバックエンドプラットフォームを提供する、グローバル展開する日本企業で、そのプラットフォームは世界のメーカーや通信事業者に採用されています。1 つのプラットフォームで試行、試験、実提供、管理、最適化ができるため、お客様は製品やサービスを迅速に市場投入する事が可能であり、ヒトとモノの連携の容易さ、世界各地のクラウド環境と日英中3言語サポートに特長のあるグローバルIoT基盤です。詳細については、www.kii.com をご覧ください。

 

ぷらっとホーム株式会社について

ぷらっとホームはIoTゲートウェイのリーディングカンパニーです。同社の超小型IoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT Family」はエネルギー産業をはじめ、社会インフラ、通信事業者、物流、ヘルスケア等の様々な業種・用途で採用されております。

http://www.plathome.co.jp/

 

インテルについて

インテルは、テクノロジーの可能性を広げ、この上ない感動体験を提供します。インテル、そしてインテル10万人以上の社員による創造の成果については、newsroom.intel.co.jp または intel.co.jpでご覧ください。

※インテル、Intelロゴ、インテルAtom、インテルQuarkは、米国および/またはその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。
※その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。

 

インテルについて

インテル(NASDAQ: INTC)は、半導体業界をリードする企業として、世界中の技術革新の基盤となるコンピューティングや通信の技術により、データを中心とした未来を創造します。技術的な優位性を基盤に、世界中のさまざまな課題の解決だけでなく、クラウドからネットワーク、エッジ、そしてそれらをつなぐあらゆるモノに至るまで、スマートかつつながっている世界を支える数十億ものデバイスやインフラを安全に接続するための支援に取り組んでいます。インテルの詳細については ニュースルーム またはインテルの Webサイト をご覧ください。

Intel、インテル、Intel ロゴは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。
* その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。