Intel’s news source for media, analysts and everyone curious about the company.

インテル コーポレーション インテル初のグローバル・チャレンジへの取り組みを展開し、 企業責任が共有される新しい時代を創造

健康と安全、パンデミックへの準備、テクノロジー業界でのインクルージョン、 カーボンニュートラル・コンピューティングの実現に向け、業界全体の協働を目指す

* 2020年5月14日に米国カリフォルニア州で発表されたプレスリリースです。

 

インテル コーポレーション(本社:米国カリフォルニア州サンタクララ)は、年次のCSR 報告書(Corporate Responsibility Report)を発表しました。この報告書では、企業責任の透明性確保に向けた長年の取り組みに加え、温室効果ガスの排出量の削減、地域コミュニティーに対する数十億ガロンの水の還元、世界の全社員を対象にした男女の給与格差是正など、インテルがこの10年間に行ってきた重要な取り組みの進捗を詳報しています。また、この報告書では、これまでの取り組みを今後10年間の視野で発展させる2030年に向けた新しい戦略と目標を規定しています。この中には、使用量以上の水の還元やグリーン電力の完全使用、世界の製造拠点にある廃棄場での廃棄物のゼロ化のほか、上級幹部職に就く女性やマイノリティーの社員数の倍増、サプライチェーンでの人権問題に対する取り組みの影響力拡大まで含まれています。

 

インテルは、主要な組織、業界、国々が協力し合うことによって初めて実現される課題解決を目指し、自社の事業の枠を超えたリソースやノウハウ、世界規模の影響範囲・影響力とのその注力領域を拡大するグローバル・チャレンジ(世界規模の課題の解決の取り組み)を初めて定義しました。

 

インテル コーポレーション CEO(最高経営責任者)のボブ・スワンは「今、世界はさまざまな課題に直面しています。私たちは日々、それらの課題に関する多くのデータの収集・分析を行い、その理解を高めていますが、課題解決に向けた共同行動を起こしておらず、課題を放置しています。これらの課題には気候変動、世界中でのデジタル・デバイドの深刻化、全人類の生命を脅かす今般のパンデミック(世界的大流行)が挙げられ、私たちは協力し合うことにより初めてこれらの課題を解決できます」と述べています。

 

インテルは、業界、政府、コミュニティーと連携し、今後10年間にわたり、3つの特定のグローバル・チャレンジに注力します:

 

テクノロジーを活用した健康と安全での変革

  • インテルは、ヘルスケア、生命科学、政府機関におけるパートナーと協力して、病気の治療法の早期実現やヘルスケアの改善など、製造や輸送、ヘルスケア分野での戦略的な取り組みにテクノロジーを活用します。この取り組みには、先頃発表された「インテル COVID-19(新型コロナウイルス感染症) 対策・準備イニシアチブ(Intel COVID-19 Response and Readiness Initiative)」が含まれます。同イニシアチブは、クラウド、人工知能(AI)、高性能テクノロジーなどのソリューションを利用し、COVID-19の診断、治療を改善し、将来的なパンデミックに対する準備を支援します。
  • インテルは、共通の目的の達成に向けて世界的な業界リーダーが協調する体制構築をリードしていきます。自動運転車の安全性は、差別化項目としてではなく、共通の目標として扱わなければなりません。業界や政府との協働や、自動運転車の安全走行の意味付けを明確にするガイダンスとなる安全に関わる新しいテクノロジーや標準規格(Responsibility-Sensitive Safety:責任感知型安全論や、新規格のIEEE 2846など)の開発・策定により、自動運転車での走行は私たちの運転と比較して、より多くの命を救える可能性があります。

 

テクノロジー業界での完全なインクルージョンの実現、デジタル化への対応力の拡張

  • インテルは、業界各社と協力してグローバル・インクルージョン・インデックスの標準基準を策定、導入を図り、業界全体でインクルージョン(多様な人材が平等に受容される環境)のあるビジネス慣習を急速に普及させていきます。共通基準の使用により、上級幹部職や技術職に就く女性やマイノリティーの社員数の増大のほか、テクノロジーの利用機会や同一賃金などについて、業界としてその達成状況を追跡できるようになります。 インテルはすでにレノボと協力して最高ダイバーシティ・インクルージョン責任者と人事の専門家を招き、業界での変革を推進し、この取り組みの最前線にいます。
  • インテルは、政府やコミュニティーと協力して、デジタル・デバイドに対処し、現在および将来の仕事に必要な技術スキルへのアクセスを拡大させます。一例として、10ヵ国10万人以上の高校生と専門学校生にAIのカリキュラムやリソースを提供しているIntel® AI For Youthプログラムがあり、このプログラムを世界で広げていきます。インテルは、2030年までに30ヵ国の政府、世界の30,000の機関との提携を計画しており、3,000万人以上の生徒にAIスキルのトレーニングを実施していきます。

 

気候変動に向けたカーボンニュートラル・コンピューティングの実現

  • インテルは、PCメーカーと協力して、持続可能性とエネルギー効率が世界で最も高いPCを製造していきます。このPCは、その設計時と使用時で炭素、水、廃棄物を排除します。具体的には、消費電力を削減するセンサー技術の実現やリサイクル可能なパッケージングを可能にする素材ベンダーとの提携、長期にわたり優れたエネルギー効率を維持するアーキテクチャーの開発など、サステナビリティーでのロードマップ(製品計画)を検討していきます。
  • インテルは、業界や政策立案者と協働して、影響力の大きい業界全体に対して排出量削減に役立つテクノロジーを適用していきます。

 

テクノロジーは今、ブレークスルーの中心であるだけでなく、今日の危機の解決を図り、また将来の危機に向けて積極的な取り組んでいくために、人々が日々、共にする世界中のコミュニティーや政府、サービスにおいて重要な役割を果たしています。

 

スワンは「インテルをはじめとするテクノロジー主導の業界には、それぞれのR&D(研究開発)や創造力、ノウハウ、影響力を活用しながら、これらの危機に対して協力できる機会があり、結果として、いままで以上に強力になり、今般の状況に求められる存在になっていきます。インテルの目標は、地球上のすべての人の生活を豊かにする世界を変えるテクノロジーを生み出すことです」と述べています。

 

インテルは、世界全体に広がる堅牢なサプライチェーンと業界での戦略的なパートナーシップという独自の特長を組み合わせながら、今日の多くの問題に取り組むとともに、未来の課題に対峙するための基盤となるテクノロジーとパートナーシップを構築します。

 

インテルの最新のCSR 報告書には、2030年に向けた新しい戦略と目標を詳報しており、インテルのテクノロジーと世界中の社員の有するノウハウと情熱により実現される企業責任、インクルージョン、サステナビリティーのあるビジネス慣習の早期実現を目指します。

 

インテルの企業責任の取り組みに関する詳細は、最新のCSR 報告書(英語)をご覧ください。

» 大きいサイズの画像

インテルについて

インテルは業界のリーダーとして、世界中の進歩を促すとともに生活を豊かにする、世界を変えるテクノロジーを創出しています。ムーアの法則に着想を得て、顧客企業が抱える大きな課題を解決する半導体製品を設計・製造し、その進化に向けて日々取り組んでいます。クラウド、ネットワーク、エッジ、あらゆるコンピューティング機器のインテリジェント化によりデータの価値を最大化し、ビジネスと社会をより良く変革します。インテルのイノベーションについては、https://newsroom.intel.co.jp またはhttps://intel.co.jpをご覧ください。
* Intel、インテル、Intel ロゴ、インテルのマークは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。
* その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。