インテル、 関西圏でインテル宅内IoTプラットフォームの実証サービスの提供開始

インテル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:江田麻季子、以下インテル)は、2017年4月に発表した「家庭向け宅内IoTプラットフォームでの実証実験を開始」の内容に基づき、関西電力株式会社、サービス事業社と協力し、関西圏の100世帯を対象に家庭向け宅内IoTプラットフォームを通じた各種実証サービスの提供を2017年9月より開始します。この取り組みを通じて、家庭内のさまざまなデバイスやセンサーから収集されたデータをもとに、パーソナライズされたモバイルヘルスケア、教育サービス、睡眠環境サービスなどが提供される予定です。

本実証におけるサービスは、The Open Connectivity Foundation(OCF)※1のIoT標準規格に準拠するオープンなIoTデバイス間の接続環境のもと、個人情報データの優れた保護と秘匿性の確保を可能にする宅内IoTプラットフォームを通じて提供されます。これにより、家庭内データの安全性を確保しながらサービスの選択の幅が広がります。

実証サービス提供の概要は次の通りです。

  • 関西電力「はぴeみる電」※2会員より実証に参加する100世帯を募集
  • サービス実証期間:2017年9月22日~2018年3月30日
  • 実証に参加する世帯にインテル® Atom™ プロセッサー搭載のホームゲートウェイ(写真1)、ならびにインテル® Quark™プロセッサー搭載の環境センサー(写真2)を提供。
  • 実証参加企業から、体組成計等を提供(写真3、写真4)。
写真1:ホームゲートウェイ
写真2:環境センサー
写真3:FiNCアプリと体組成計
写真4:エアウィーヴマットレスパッド

 

湿度、照度、CO²、感震センサーなどが内蔵されており、室内環境をリアルタイムに把握・分析することにより、家庭での生活状況やニーズに合わせたタイムリーなサービスを提供します。インテルが提供する環境センサー(写真2)には、温度、ホームゲートウェイ(写真1)は、環境センサーだけでなく、他社製のセンサーやIoT機器にも接続可能で、ECHONET Lite※3もプラグインとしてサポートされるため、将来にわたるサービス拡張で機器や家電が追加された場合にも対応できます。

本実証におけるサービスの提供会社および協力会社は次の通りです(予定)。

※ サービス内容詳細は、はぴeみる電の実証サービス申し込み窓口を通じて提供されます

<脚注>

※1 The Open Connectivity Foundation(OCF)はIoT標準規格の策定とオープンソースプロジェクトの支援を目的とした団体です。

※2 はぴeみる電は、H21/7に、電気代や使用量をチェックできる「電気ご使用量のお知らせ照会サービス」としてスタートしました。H27/3に使用量の確認の他にも、エリア情報やお得なクーポンなど、暮らしに役立つ情報もご利用いただけるように全面リニューアルを実施した関西電力のみえる化サービスです。

※3 ECHONET Lite(エコーネットライト)は、エコーネットコンソーシアムが策定したスマートハウス向け制御プロトコルおよびセンサーネットプロトコルで、ISO規格およびIEC規格として国際標準化されました。

関西電力株式会社について

関西電力は、近畿地方2府4県(京都府、大阪府、滋賀県、兵庫県(赤穂市福浦を除く)、奈良県、和歌山県)および福井県(三方郡美浜町以西)、三重県(熊野市[1]以南)、さらには岐阜県不破郡関ケ原町の一部を営業区域とする電力会社。H28/4 電力小売自由化にあわせてH28/7 から首都圏におけるご家庭など低圧供給のお客さまへの電力販売開始。H29/4 ガスの小売全面自由化にあわせて関西圏でのガスの小売販売を開始する。詳細については、http://www.kepco.co.jp/ をご覧ください。

株式会社FiNCについて

株式会社FiNCは、「すべての人にパーソナルコーチを…」をミッションに掲げる予防×ヘルスケア×テクノロジーに特化したヘルステックベンチャーです。社内には医師や薬剤師、栄養士やトレーナー等の予防領域の専門家と、データサイエンティストやエンジニア、遺伝子や生物学などのライフサイエンス領域の研究者で構成されたプロフェッショナル集団です。

URL   : https://company.finc.com/

株式会社エアウィーヴについて

エアウィーヴは、「睡眠研究で蓄積したデータ」、「個別身体情報を測定して分析・製品化する技術」、「企業との共同開発」を通してイノベーティブな技術で新次元の寝具を提案。睡眠環境や製品の進化をリードする睡眠のトータルソリューションカンパニーです。

そして、睡眠をさらに科学するため、マットレスパッドをはじめとして、ピロー、かけ布団、ベッドマットレスなどへカテゴリーを広げ、トータルな睡眠環境をご提案するブランドへと進化し続けています。すべての人が、目覚めの違いを実感して、最高のパフォーマンスを発揮できるように。エアウィーヴは、イノベ―ティブな技術で睡眠をデザインします。

株式会社アニモについて

株式会社アニモは、富士通株式会社のベンチャー第一号企業として1994年8月に創業。

“音声・音響技術で社会を元気に”を目標に、音声認証・認識・合成・音響振動分析などの要素技術を自社開発。生活やビジネスの様々なシーンに最適な形で提供いたします。

社名の「アニモ」は、ポルトガル語で「元気」という意味。ソリューションの詳細については、https://www.animo.co.jp/ をご覧ください。

株式会社アップについて

株式会社アップは、受験指導・能力開発・スポーツなど、時代が求める教育ニーズを敏感にキャッチしながら、幼児から社会人まで、様々な「学び」に貢献できる総合教育企業へと着実に成長を遂げました。

現在は阪神間を中心に、「進学館」「開進館」「研伸館」「個別館」をはじめとした幅広い事業を展開しています。

インテルについて

インテルは、テクノロジーの可能性を広げ、この上ない感動体験を提供します。インテル、そしてインテル10万人以上の社員による創造の成果については、newsroom.intel.co.jp または intel.co.jpでご覧ください。

※インテル、Intelロゴ、インテルAtom、インテルQuarkは、米国および/またはその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。

※その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。

インテルについて

インテル(NASDAQ: INTC)は、半導体業界をリードする企業として、世界中の技術革新の基盤となるコンピューティングや通信の技術により、データを中心とした未来を創造します。技術的な優位性を基盤に、世界中のさまざまな課題の解決だけでなく、クラウドからネットワーク、エッジ、そしてそれらをつなぐあらゆるモノに至るまで、スマートかつつながっている世界を支える数十億ものデバイスやインフラを安全に接続するための支援に取り組んでいます。インテルの詳細については ニュースルーム またはインテルの Webサイト をご覧ください。

Intel、インテル、Intel ロゴは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。
* その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。