インテル株式会社 役員人事  鈴木 国正 氏が代表取締役社長に就任

インテル株式会社(東京本社:東京都千代田区丸の内 3-1-1)は本日、2018年11月1日付で鈴木 国正(すずき くにまさ)氏が代表取締役社長に就任すると発表しました。鈴木氏は、ソニー株式会社などの役員を歴任し、エレクトロニクス業界の広範な事業分野において豊富な経営経験を有しています。

 

鈴木氏は日本の事業責任者として、インテルが進めているデータを主軸に置いた戦略を推進します。インテルにとって日本での事業は重要であり、引き続き、コンピューティング、5G、AI、IoT等のテクノロジー・イノベーションの推進を図り、ビジネスを積極的に展開していきます。インテルは、鈴木氏の豊富な経験とグローバル市場で事業を展開してきた実績を生かし、この戦略をさらに加速させていきます。

 

これまで暫定的な日本の事業責任者として代表取締役社長を務めてきたスコット・オーバーソンは、インテル コーポレーション セールス&マーケティング統括本部に帰任します。

 

インテル コーポレーション セールス&マーケティング統括本部副社長 兼 グローバル・マーケッツ&パートナーズ本部長 シャノン・ポーリンは「鈴木氏は、長年にわたりエレクトロニクスやコンピューティング、通信事業分野に携わり、リーダーシップを発揮してきました。彼の経験とリーダーシップは、インテルのデータ戦略を一層、加速させ、インテルと我々のパートナーに対し、一層の成長機会を創出すると期待しています」と述べています。

 

インテルについて

インテルは、テクノロジーの可能性を広げ、この上ない感動体験を提供します。インテルの詳細については、newsroom.intel.co.jp または intel.co.jp でご覧ください。

 

  • Intel、インテル、Intel ロゴは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。
  • その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。

インテルについて

インテル(NASDAQ: INTC)は、半導体業界をリードする企業として、世界中の技術革新の基盤となるコンピューティングや通信の技術により、データを中心とした未来を創造します。技術的な優位性を基盤に、世界中のさまざまな課題の解決だけでなく、クラウドからネットワーク、エッジ、そしてそれらをつなぐあらゆるモノに至るまで、スマートかつつながっている世界を支える数十億ものデバイスやインフラを安全に接続するための支援に取り組んでいます。インテルの詳細については ニュースルーム またはインテルの Webサイト をご覧ください。

Intel、インテル、Intel ロゴは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。
* その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。