Intel’s news source for media, analysts and everyone curious about the company.

インテル、5G、AI、クラウド & エッジ向けにインテル初のストラクチャード ASICを発表

※2020年11月17日に米国で発表された資料の抄訳です。

» 全ての画像をダウンロードする (ZIP, 8 MB)

最新情報: インテルは、インテル® FPGA テクノロジー・デイにおいて、5G、AI、クラウド & エッジの幅広いワークロードにわたり、アプリケーションのパフォーマンスを高速化するカスタマイズ可能な最新ソリューションを発表しました。新たに市場投入したインテル® eASIC™ N5X デバイスは、インテル® FPGA 互換のハード・プロセッサー・システムを実装した初のストラクチャード eASIC ファミリーです。インテル® eASIC™ N5X デバイスの導入により、FPGAに搭載されたエンベデッド・プロセッサーのカスタムロジックとデザインの両方を FPGA からストラクチャード ASIC へスムーズに移行できるようになり、単価の削減、パフォーマンスの高速化、消費電力の削減などのメリットを享受することができます。

インテル コーポレーション 副社長 兼 プログラマブル・ソリューションズ事業本部 本部長のデイブ・ムーア( Dave Moore)は、「データが、業界やビジネスを変革する可能性はこれまでになく高まっています。新しいインテル® eASIC™ N5X デバイスの発表によって、顧客は独自の位置付けで、ストラクチャード ASIC がもつパフォーマンスのメリットと動作時の消費電力低減とともに、インテル® FPGA がもつ柔軟性と市場投入までの期間短縮というメリットをさらに活用することができます。インテルの FPGA、eASIC、ASIC 製品の組み合わせにより、カスタム・ロジック・コンティニュアムと呼ばれるカスタムロジックを一気通貫で提供するソリューションは他にはありません」と述べています。

 

重要な理由: ASIC とストラクチャード ASIC デバイスが、消費電力とコストを最小限に抑えながらハードウェアの最適化により最高レベルのパフォーマンスを実現する一方、FPGA はユーザー固有のデザインを最短期間で市場投入できるというメリットなど、最高レベルの柔軟性を提供します。FPGA は、イノベーションの推進に最適であると同時に、次世代テクノロジーを探し出す最速の方法でもあります。FPGA のプログラマビリティーにより、特定ワークロード向けのハードウェアを短期間で開発でき、5G 展開の初期段階や Open RAN 実装への移行でも分かるとおり、今後変化していく標準規格へも迅速に適応することが可能です。

新しい革新的なインテル® eASIC™ N5X デバイスは、FPGAと比較してコア消費電力を最大50%削減し、コストを最大50%低減しながら、ASICと比較して市場投入までの時間を短縮し、NREを削減します。これにより、消費電力を最適化した、高性能の高度な差別化ソリューションを構築できます。インテル® eASIC™ N5X デバイスは、インテル® Agilex™ FPGA ファミリーで実績のあるセキュア・デバイス・マネージャーを組み込んでいるため、セキュアブート、認証、改ざん防止機能など、多くのアプリケーションの主要なセキュリティー要件を満たすこともできます。

 

インテル独自のアプローチ: インテルは、FPGA から、ストラクチャード ASIC、ASIC まで、カスタムロジックを一気通貫で提供する(カスタム・ロジック・コンティニュアム)世界における唯一の半導体メーカーです。カスタマイズ可能なロジックデバイスからなる包括的なデータ処理のポートフォリオを備えることで、インテルの顧客は業界内でほかにはない方法で、各市場で特有のソリューションの単価、パフォーマンス、消費電力、市場投入までの期間を真に最適化することができます。

 

IFTD について: インテル® FPGA テクノロジー・デイは、2020年11月18日から12月7日に開催される オンライン・イベントです。インテルの経営幹部、パートナー各社、顧客が集結し、基調講演、ウェビナー、デモを通してインテルの最新のプログラマブル製品およびソリューションを紹介します。こちらから各種コンテンツにアクセスできます。

インテルについて

インテルは業界のリーダーとして、世界中の進歩を促すとともに生活を豊かにする、世界を変えるテクノロジーを創出しています。ムーアの法則に着想を得て、顧客企業が抱える大きな課題を解決する半導体製品を設計・製造し、その進化に向けて日々取り組んでいます。クラウド、ネットワーク、エッジ、あらゆるコンピューティング機器のインテリジェント化によりデータの価値を最大化し、ビジネスと社会をより良く変革します。インテルのイノベーションについては、https://newsroom.intel.co.jp またはhttps://intel.co.jpをご覧ください。
* Intel、インテル、Intel ロゴ、インテルのマークは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。
* その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。