インテル、 2018年度サプライヤー・コンテニュアス・クオリティ・インプルーブメント賞を発表

 

<ご参考資料>
2019年3月7日に米国で発表された資料の抄訳です。

 

インテル コーポレーション(本社:米国カリフォルニア州サンタクララ)は、2018年を通じて品質に対して強い責任感をもって取り組んだサプライヤー35社を表彰しました。これらのサプライヤー企業は、卓越した製品やサービスを提供するだけでなく、革新的なプロセスの実践や最高水準のインテグリティーに基づく業務遂行を通じて、インテルと協力してきました。

 

インテルは、SCQI賞(サプライヤー・コンテニュアス・クオリティー・インプルーブメント)、PQS賞(プリファード・クオリティー・サプライヤー)、SAA賞(サプライヤー・アチーブメント・アワード)の3つの表彰制度を設けています。この表彰制度は、業界最高水準の優れた継続的な改善を奨励することを目的としたインテルのSCQIプログラムの一環です。SCQIプログラムを通じて、インテルはダイバーシティーでのリーダーシップ、イノベーション、および世界水準の安全性プログラムに対するサプライヤー企業の実績や成果も表彰しました。インテルのサプライヤー企業として求められていることについての詳細は、こちらをご覧ください。

 

サプライヤー・コンテニュアス・クオリティ・インプルーブメント賞(SCQI)

 

SCQI賞は、インテルにおける栄えある賞であり、インテルの管理システムを支えるすべての要件(品質、コスト、供給体制、技術力、カスタマー・サービス、環境面でのサスティナビリティー)において、極めて高い水準を達成した優れたサプライヤー企業に授与されます。

 

インテル コーポレーション 最高エンジニアリング責任者 兼 テクノロジー・アーキテクチャー&クライアント事業部 事業部代表のマーシー・レンドチンタラは「今年のSCQI賞受賞企業にお喜び申し上げます。受賞企業は業務のあらゆる面で品質と持続的な改善に対して強い責任感をもって取り組みました。インテルは受賞企業と共に、世界で最も重要なイノベーションと発展のための技術の基盤を提供します」と述べました。

 

2018年度受賞企業6社は次の通りです。

  • 株式会社ディスコ:ダイシング・研削・研磨に用いられる装置およびサービス
  • KellyOCG:グローバル人材紹介サービス、アウトソーシングサービス、人材プロバイダー(安全性における特に顕著な実績でも受賞)
  • 三菱ガス化学株式会社:高純度過酸化水素、水酸化アンモニウム、および高機能化学品
  • 千住金属工業株式会社:ソルダボール、ペースト、フラックス
  • 株式会社SUMCO:200/300mmのエピタキシャル・シリコン・ウェハーならびにポリッシュト・シリコン・ウェハー
  • VWRインターナショナル:マイクロ・コンタミネーション用消費材、サービス

 

SCQI賞は、サービス、企業責任、インテグリティーにおいて、業界最高となる傑出した基準を認めるものです。SCQIの資格を満たすには、サプライヤー企業は高度な期待と積極的なパフォーマンス目標を上回る必要があり、一年を通じての実績が評価される統合レポートで少なくとも95%以上のスコアが求められます。また、要求水準の高い改善計画の90%以上を達成し、確固たる品質と事業遂行を提供することも求められています。

 

インテル コーポレーション 副社長 兼 製造オペレーション統括本部長のアン・ケラハーは「今年のSCQI賞受賞企業にお喜び申し上げます。受賞企業は、製造を支えるために模範的な姿勢で、品質と技術の妥当性に注力しながら、たゆまぬイノベーションを実践しました」と述べました。

 

プリファード・クオリティー・サプライヤー賞(PQS)

2018年度のPQS受賞企業21社は次の通りです。

  • アプライド マテリアルズ:ファブ製造用装置、スペア、サービス
  • Arvato SCM Solutions:物流サービス
  • Brewer Science:プロセス管理装置・サービス
  • カールツァイス SMT GmbH、Strategic Business Unit Semiconductor Mask Solutions:半導体フォトマスク・ソリューション(マスクリペア、計測、チューニングシステム)
  • フジミインコーポーション:CMPスラリー• JLL:総合施設管理サービス
  • KLA:プロセス管理装置・サービス(安全性における特に顕著な実績でも受賞)
  • 株式会社KOKUSAI ELECTRIC:プロセスコーティング技術提供のための拡散炉
  • The PEER Group:工場自動化ソフトウェア
  • パワーテック・テクノロジー:部品・モジュール組立、試験サービス
  • サムスン電機:FC-BGAサブストレート、フリップチップ・チップスケールパッケージ
  • シュナイダーエレクトリック:配電・電力供給・測定ソリューション(サプライヤー・ダイバーシティーにおける特に顕著な実績でも受賞)
  • Securitas:セキュリティーサービス、セキュリティーシステムサポート、関連サービス
  • 信越化学工業株式会社:シリコン・ウェハー、マスク・ブランクス、断熱材、アンダーフィル、フォトレジスト
  • シルトロニック:ポリッシュト・シリコン・ウェハー、エピタキャル・シリコン・ウェハー
  • 台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング・カンパニー:インテル製品(外部での生産)のウェハー製造
  • 東京エレクトロン株式会社:コータ/デベロッパー、ドライエッチング装置、ウェットエッチング装置、熱処理成膜装置、枚葉成膜装置、テストおよび3DI装置
  • トーソー・クォーツ:半導体製造装置用石英製品
  • トーソーSMD:高純度スパッタリングターゲット
  • Unimicron Technology Corporation:サブストレート(FC-BGA、フリップチップ・チップスケールパッケージ)
  • ヴェオリア:廃棄物処理サービス

 

PQS賞は、インテルがその絶え間ない卓越性への追求と確固としたプロフェッショナリズムを備えた事業活動を行う企業を表彰するものです。PQSの資格を満たすには、供給企業には一年を通じての実績が評価される総合的なレポートで80%以上のスコアが求められます。また、要求水準の高い継続的な改善計画で80%以上を達成し、確固たる品質と事業遂行を提供することも求められています。

 

インテルコーポレーション 上席副社長 兼 技術開発統括本部長のマイク・メイベリーは「今年度のIntel Preferred Quality Supplier賞受賞企業は、顧客満足度が非常に高く、私たちが描く技術と製造のロードマップの達成に向けて非常に重要な存在です。受賞企業は、コンピューターの将来に向けて技術基盤の提供という面において、ムーアの法則を追求し続ける上で重要な役割を果たしています」と述べました。

 

サプライヤー・アチーブメント・アワード(SAA)

インテルでは、重要視する1つの領域で特に優れた業績を達成した供給企業を表彰するSAA賞を設けています。2018年度のSAA受賞企業8社は次の通りです。

  • ASML:イノベーション
  • Essai:顧客満足
  • FormFactor:コスト
  • JSR株式会社:技術力
  • キーサイト・テクノロジー:イノベーション
  • 村田機械株式会社:技術力
  • ニコン株式会社:供給体制
  • 東京応化工業株式会社:技術力

 

顕著な業績を達成した企業の表彰

インテルでは、ダイバーシティーまたは安全性の分野で特に顕著な業績を達成した3社を表彰しています。今回の受賞企業は、従業員が他の企業の模範となる行動を実践するとともに、それを実現するための取り組みへの投資や実行、透明性の確保、サプライチェーンへの支出などが評価されました。

  • KellyOCGおよびKLA:安全性における特に顕著な実績
  • シュナイダーエレクトリック:サプライヤー・ダイバーシティーにおける特に顕著な実績

 

サプライチェーンの成功には協業は欠かせないものです。そして2018年度のSCQI、PQS、SAAの受賞企業は、インテルの成功に貢献する素晴らしい協業をもたらしています。

インテルについて

インテル(NASDAQ: INTC)は、半導体業界をリードする企業として、世界中の技術革新の基盤となるコンピューティングや通信の技術により、データを中心とした未来を創造します。技術的な優位性を基盤に、世界中のさまざまな課題の解決だけでなく、クラウドからネットワーク、エッジ、そしてそれらをつなぐあらゆるモノに至るまで、スマートかつつながっている世界を支える数十億ものデバイスやインフラを安全に接続するための支援に取り組んでいます。インテルの詳細については ニュースルーム またはインテルの Webサイト をご覧ください。

Intel、インテル、Intel ロゴは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。
* その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。