インテル、第10世代 インテル® Core™ モバイル・プロセッサーを拡充 新たに二桁のパフォーマンス向上を実現した8モデルを発表

*2019年8月21日に米国で発表された資料の抄訳です。

 

最新情報:インテルは、本日、最新のノートPC向けに、第10世代 インテル® Core™ プロセッサーの追加モデル8製品を発表しました。

 

新しいノートPC向けプロセッサー(コードネーム:Comet Lake)は、高い性能を必要とし、マルチスレッドでの処理が必要なワークロードに対応するより高い生産性とパフォーマンスを、バッテリー駆動時間を犠牲にすることなく、軽量・薄型ノートPCや2 in 1 PCで提供します3。前世代モデルと比較して、二桁以上の性能向上を実現したほか1、Uシリーズ初となる6コア・プロセッサー、より高速なCPU周波数、より高速なメモリー・インターフェース、クラス最高の接続性を実現するWi-Fi 6(Gig +)、より広がりをみせるThunderbolt™ 3といった特長を備えた新モデルがラインナップに加わりました。第10世代 インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーが搭載された90以上の新たな機種が、2019年の年末商戦において販売開始される予定です。

 

インテルコーポレーション 副社長 兼 クライアント・コンピューティング事業本部 モビリティー・クライアント・プラットフォーム事業部長 クリス・ウォーカー(Chris Walker)は「第10世代 インテル® Core™ プロセッサーは、業界のニーズに応えるため、性能、機能、電力性能、機種デザインを最適なバランスで併せもった、多様な製品群を提供します。第10世代 インテル® Core™ プロセッサーで実現されたWi-Fi 6(Gig +)およびThunderbolt™ 3による業界最高クラスの接続性に加え、第10世代 インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーの新たな追加モデルは、マルチタスクから日常的なコンテンツ作成まで、さらに高いレベルの生産性を実現する性能を提供します」と述べています。

 

重要なポイント:世界に誇るインテルの技術ポートフォリオと知的財産を活用し、第10世代 インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーは、多様なコンピューティング・ニーズに応え、ワークロードを最適に実行可能なプラットフォームを実現します。新しい第10世代 インテル® Core™ プロセッサーは、ノード内最適化によってさらに改良された14nmプロセス技術を採用し、前世代と比較して、全体では16%の性能向上を1、またMicrosoft Office 365における生産性およびマルチタスク処理では41%の機能向上を2、バッテリー駆動時間を犠牲にすることなく3実現しています。さらに、最高のワイヤレス接続性能を誇るインテル® Wi-Fi6(Gig+)を内蔵するほか、最速かつ最も汎用性の高い4Thunderbolt™ 3をサポートしています。

 

インテルは、8月初旬に、第10世代 インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーとしての最初の製品を発表しました。これらは10nmプロセス技術が採用された製品で、高性能な人工知能 (AI)がより多くのPCで利用できるようになるとともに、グラフィック性能が飛躍的に向上したほか、クラス最高の接続性能を備えています。本日発表した新しいプロセッサーは、同様の優れた接続性を備える一方、生産性が要求される業務ワークロード向けの性能および周波数が向上されています。この結果、第10世代 インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーは、相互を補完する製品からなる完全なプロセッサー・ファミリーとなりました。ユーザーは、自身が最も重要だと考える用途からプロセッサーを選択できるようになり、また、最新のノートPCで実現される新たな体験の可能性を想起させてくれます。

 

主な特長:新しい第10世代 インテル® Core™ プロセッサーは、インテル® Core™ i3からインテル® Core™ i7でラインナップされます。主な特長は以下の通りです。

  • 最大6コア/12スレッド
  • 最大ターボ周波数は9GHz
  • インテル・スマート・キャッシュは最大12MB
  • コンフィグラブルTDP-up:25W(Uシリーズ:最大性能時)
  • コンフィグラブルTDP-down:5W(Yシリーズ:ファンレス設計向け)
  • グラフィックス最大周波数は15GHz
  • LPDDR4x、LPDDR3、DDR4メモリースピードが最大2666MT/秒へと向上

 

また、第10世代 インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー全体で、共通の優れた接続性を提供します。内蔵されたインテル® Wi-Fi6(Gig+)により、強化されたWPA3セキュリティーをサポートするほか、ファイルのダウンロードが約3倍へと高速化5するなど、屋内全体で優れた応答性能を実現します。また、Thunderbolt™ 3コントローラーのサポートにより最大4つのThunderbolt™ 3ポートが搭載可能となり、各ポートは1本のケーブルで、外部からのPC充電や40 Gb/秒という速度でのダウンロード、市販されている数千におよぶドックやディスプレイ、周辺機器への接続が可能です。

 

そして、新しいプロセッサーは、インテル® Adaptix™ テクノロジーによる最適化、より高速な起動のためのモダンスタンバイ機能のサポート、PC上での様々な音声アシスタントサービスを搭載した、新たなシステムの登場を実現します。インテル® Adaptix™ テクノロジーの1つであるインテル® ダイナミック・チューニング・テクノロジー により、OEMパートナーは第10世代 インテル® Core™ プロセッサー搭載システムを最適化することで、平均的に8%~12%の範囲でさらなる性能向上が実現可能です7。また、一部のシステムにおいて、インテル® ダイナミック・チューニング・テクノロジーでAIを用いたトレーニング済みアルゴリズムを使用してワークロードを予測する機能を初めて搭載し、応答性が求められる際にはより高速なターボ・ブーストを実行するとともに、ワークロードの処理時間に応じてターボ利用時間を拡張します。

 

システム製品について:第10世代 インテル® Core™ プロセッサーを搭載したノートPCや2 in 1 PCは、各PCメーカーより2019年の年末商戦で販売開始される予定です。第10世代 インテル® Core™ プロセッサーを搭載した一部のシステムはProject Athena(コードネーム)と呼ばれるインテルのイノベーション・プログラムで検証中です。第10世代 インテル® Core™ プロセッサーを搭載し、Project Athenaの認証を受けたPCは、この秋より「Engineered for Mobile Performance」の認証マークがオンラインや店頭で掲示されます。

 

その他の情報:  10th Gen Press KitProduct Brief | SKU Table

 

Intel、インテル、Core、Optane、Thunderbolt、 Intel ロゴは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。

* その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。

 

Performance results are based on testing as of dates shown in configuration and may not reflect all publicly available security updates. See configuration disclosure for details. No product or component can be absolutely secure. Software and workloads used in performance tests may have been optimized for performance only on Intel microprocessors. Performance tests, such as SYSmark and MobileMark, are measured using specific computer systems, components, software, operations and functions. Any change to any of those factors may cause the results to vary. You should consult other information and performance tests to assist you in fully evaluating your contemplated purchases, including the performance of that product when combined with other products. For more complete information visit www.intel.com/benchmarks.

 

Intel technologies’ features and benefits depend on system configuration and may require enabled hardware, software or service activation. Performance varies depending on system configuration. No computer system can be absolutely secure. Check with your system manufacturer or retailer or learn more at intel.com.

 

  1. As measured by SYSmark2018 Overall Score. Intel Preproduction Processor: Intel® Core™ i7 -10710U (CML-U 6+2) PL1=25W, 6C12T, Turbo up to 4.7GHz, Memory: 2x16GB DDR4-2667 2Rx8, Storage: Intel® 760p M.2 PCIe NVMe SSD with AHCI Microsoft driver, Display Resolution: 3840×2160 eDP Panel 12.5”, OS: Windows* 10 19H1-18362.ent.rx64-Appx59. Power policy set to AC/Balanced mode for all benchmarks except SYSmark 2014 SE which is measured in AC/BAPCo mode for Performance. Power policy set to DC/Balanced mode for power. All benchmarks run in Admin mode & Tamper Protection Disabled / Defender Disabled, Graphics driver: PROD-HC-RELEASES-GFX-DRIVER-CI-MASTER-2334-REVENUE-PR-1006952-WHQl. vs Processor: Intel® Core™ i7-8565U (WHL-U4+2) PL1=15W TDP, 4C8T, Turbo up to 4.6GHz, Memory: 2x16GB DDR4-2400 2Rx8, Storage: Intel® 760p m.2 PCIe NVMe SSD with AHCI Microsoft driver, Display Resolution: 3840×2160 eDP Panel 12.5”, OS: Windows* 10 19H1-18362.ent.rx64-Appx59. Power policy set to AC/Balanced mode for all benchmarks except SYSmark 2014 SE which is measured in AC/BAPCo mode for Performance. Power policy set to DC/Balanced mode for power with UX Slider set to Better Performance. All benchmarks run in Admin mode & Tamper Protection Disabled / Defender Disabled, Graphics driver: 2019-1006577-WHQL.

 

  1. As measured by the time it takes Microsoft Office to perform 3 tasks in a multitasking scenario (export PowerPoint file to video, export word doc to pdf and excel calculation). Intel Preproduction Processor: Intel® Core™ i7 -10710U (CML-U 6+2) PL1=25W, 6C12T, Turbo up to 4.7GHz, Memory: 2x16GB DDR4-2667 2Rx8, Storage: Intel® 760p M.2 PCIe NVMe SSD with AHCI Microsoft driver, Display Resolution: 3840×2160 eDP Panel 12.5”, OS: Windows* 10 19H1-18362.ent.rx64-Appx59. Power policy set to AC/Balanced mode for all benchmarks except SYSmark 2014 SE which is measured in AC/BAPCo mode for Performance. Power policy set to DC/Balanced mode for power. All benchmarks run in Admin mode & Tamper Protection Disabled / Defender Disabled, Graphics driver: PROD-HC-RELEASES-GFX-DRIVER-CI-MASTER-2334-REVENUE-PR-1006952-WHQl. vs Processor: Intel® Core™ i7-8565U (WHL-U4+2) PL1=15W TDP, 4C8T, Turbo up to 4.6GHz, Memory: 2x16GB DDR4-2400 2Rx8, Storage: Intel® 760p m.2 PCIe NVMe SSD with AHCI Microsoft driver, Display Resolution: 3840×2160 eDP Panel 12.5”, OS: Windows* 10 19H1-18362.ent.rx64-Appx59. Power policy set to AC/Balanced mode for all benchmarks except SYSmark 2014 SE which is measured in AC/BAPCo mode for Performance. Power policy set to DC/Balanced mode for power with UX Slider set to Better Performance. All benchmarks run in Admin mode & Tamper Protection Disabled / Defender Disabled, Graphics driver: 2019-1006577-WHQL.

 

  1. Battery Life estimated based on measurements of average power on an Intel reference platform for a local video playback of a 1080p 24fps h.264 7Mbps 12min 14 sec content using the Windows Movie & TV App. Intel Preproduction Processor: Intel® Core™ i7 -10710U (CML-U 6+2) PL1=15W, 6C12T, Turbo up to 4.7GHz, Memory: 2x16GB DDR4-2667 2Rx8, Storage: Intel® 760p M.2 PCIe NVMe SSD with AHCI Microsoft driver, Display Resolution: 3840×2160 eDP Panel 12.5”, OS: Windows* 10 19H1-18362.ent.rx64-Appx59. Power policy set to AC/Balanced mode for all benchmarks except SYSmark 2014 SE which is measured in AC/BAPCo mode for Performance. Power policy set to DC/Balanced mode for power with UX Slider set to Better Performance. All benchmarks run in Admin mode & Tamper Protection Disabled / Defender Disabled, Graphics driver: PROD-HC-RELEASES-GFX-DRIVER-CI-MASTER-2334-REVENUE-PR-1006952-WHQL. vs Intel® Core™ i7-8565U PL1=15W, 4C8T, Memory: 2x16GB DDR4-2667 2Rx8, Storage: Intel® 760p M.2 PCIe NVMe SSD with AHCI Microsoft driver, Display Resolution: 3840×2160 eDP Panel 12.5”, OS: Windows* 10 19H1-18362.ent.rx64-Appx59. Power policy set to AC/Balanced mode for all benchmarks except SYSmark 2014 SE which is measured in AC/BAPCo mode for Performance. Power policy set to DC/Balanced mode for power. All benchmarks run in Admin mode & Tamper Protection Disabled / Defender Disabled, Graphics driver: 2019-1006577-WHQL.

 

  1. Intel® Wi-Fi 6 (Gig+) products support optional 160 MHz channels, enabling the fastest possible theoretical maximum speeds (2402 Mbps) for typical 2×2 802.11 AX PC Wi-Fi products. Premium Intel® Wi-Fi 6 (Gig+) products enable 2-4X faster maximum theoretical speeds compared standard 2×2 (1201 Mbps) or 1×1 (600 Mbps) 802.11 AX PC Wi-Fi products, which only support the mandatory requirement of 80 MHz channels.

 

  1. As compared to other PC I/O connection technologies including eSATA, USB, and IEEE 1394 Firewire*. Performance will vary depending on the specific hardware and software used. Must use a Thunderbolt™-enabled device.

 

  1. 802.11ax 2×2 160MHz enables 2402Mbps maximum theoretical data rates, ~3X (2.8X) faster than standard 802.11ac 2×2 80MHz (867Mbps) as documented in IEEE 802.11 wireless standard specifications, and require the use of similarly configured 802.11ax wireless network routers.

 

  1. As measured by the time it takes to export a project containing 4K 360 video using PowerDirector 365. The exported video is a 4K, HEVC, 30p, .MP4 @ 37Mbps using the CPU only. Comparisons baselined off of a fixed 15W cooling vs. 18W with DTT and 25W with DTT measurements based on an Intel Preproduction Processor Intel® Core™ i7 -10710U. Performance will vary based on OEM chassis design choices, chassis temperature thresholds, cooling solutions, form factors, and ambient air temperatures. Intel Preproduction Processor: Intel® Core™ i7 -10710U (CML-U 6+2) PL1=18W/25W, 6C12T, Turbo up to 4.7GHz, Memory: 2x16GB DDR4-2667 2Rx8, Storage: Intel® 760p M.2 PCIe NVMe SSD with AHCI Microsoft driver, Display Resolution: 3840×2160 eDP Panel 12.5”, OS: Windows* 10 19H1-18362.ent.rx64-Appx59., Graphics driver: PROD-HC-RELEASES-GFX-DRIVER-CI-MASTER-2334-REVENUE-PR-1006952-WHQL.

インテルについて

インテル(NASDAQ: INTC)は、半導体業界をリードする企業として、世界中の技術革新の基盤となるコンピューティングや通信の技術により、データを中心とした未来を創造します。技術的な優位性を基盤に、世界中のさまざまな課題の解決だけでなく、クラウドからネットワーク、エッジ、そしてそれらをつなぐあらゆるモノに至るまで、スマートかつつながっている世界を支える数十億ものデバイスやインフラを安全に接続するための支援に取り組んでいます。インテルの詳細については ニュースルーム またはインテルの Webサイト をご覧ください。

Intel、インテル、Intel ロゴは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。
* その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。