インテル、セキュリティーに関する調査結果に対応

*2018年1月3日に米国で発表された資料の抄訳です。

 

インテルとその他のテクノロジー企業では、特定のソフトウェア解析手法が不正な目的で使用された場合、設計通りに稼働するコンピューティング端末から機密データを不正に取得される可能性があるという新たなセキュリティーに関する調査結果について、従来から認識していました。そして、インテルでは、これらの脆弱性が不正に使用され、データを変更/削除される可能性は無いと考えています。

 

最新の報道では、これらの脆弱性がバグ、または不具合により引き起こされ、インテル製品にのみ存在するものとありますが、これは正確なものではありません。これまでの分析では、その他の多くのベンダーから提供されているプロセッサーやOSを搭載した多くの種類のコンピューティング端末がこの脆弱性を備えている可能性があります。

 

インテルは、自社の製品と顧客のセキュリティーに献身的に取り組んでおり、AMD、ARMホールディングス、そして複数のOSベンダーなどのその他の多くのテクノロジー企業と緊密に協力し、速やかにかつ発展的な形でこの問題を解決するための業界全体としてのアプローチを開発しています。インテルでは、これらの脆弱性を軽減するためのソフトウェアとファームウェアのアップデートの提供をすでに開始しています。いくつか報道されている内容とは異なり、パフォーマンスへの影響はワークロードに依存するものであり、通常のコンピューター・ユーザーには大きな影響はなく、そしていずれその影響も緩和されていくものと考えています。

 

インテルは、潜在的なセキュリティー上の問題に関して責任を持って公開するという業界におけるベスト・プラクティスに則った対応を取れるよう、最大限取り組んでいます。このため、インテルや他のベンダーでは、より多くのソフトウェアやファームウェアのアップデートが利用可能になる来週の段階でこの問題を公表する予定でしたが、直近の不正確な報道内容を受け、本日このステートメントを発表しました。

 

インテルでは、ユーザーが利用するOSの提供ベンダーまたはシステム製造者にこの問題に関して確認するとともに、アップデートが利用可能になった場合には速やかにそれを適用することを推奨しています。また、アップデートを適用するまでの間、マルウェアからの保護のために一般的に有効なセキュリティー対策を取ることで、セキュリティー侵害の可能性からユーザーを保護するための一助となります。

 

インテルは、自社製品が世界中で最も安全であると考えており、パートナーからのサポートを通じて、この問題を解決するために提供される最新ソリューションにより、ユーザーに最良のセキュリティーを提供できるものと考えています。

 

 

インテルについて

インテル(NASDAQ: INTC)は、半導体業界をリードする企業として、世界中の技術革新の基盤となるコンピューティングや通信の技術により、データを中心とした未来を創造します。技術的な優位性を基盤に、世界中のさまざまな課題の解決だけでなく、クラウドからネットワーク、エッジ、そしてそれらをつなぐあらゆるモノに至るまで、スマートかつつながっている世界を支える数十億ものデバイスやインフラを安全に接続するための支援に取り組んでいます。インテルの詳細については ニュースルーム またはインテルの Webサイト をご覧ください。

Intel、インテル、Intel ロゴは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。
* その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。