インテルの技術が楽天の革新的な完全仮想化によるエンド・ツー・エンドのクラウド・ネイティブ・モバイル・ネットワークをサポート

 

<ご参考資料>
2019年2月13日に米国で発表された資料の抄訳です。

 

インテル コーポレーションは本日、インターネット・サービスのリーダーである楽天が準備を進める新しいクラウド・ネイティブ・ネットワークに対してインテルの技術を提供すると発表しました。このネットワークは、Radio Access Network(RAN)からコア・ネットワークまでが完全仮想化され、供用開始時より革新的な5Gシステム・アーキテクチャーを採用します。また、ネットワークとサービスのそれぞれでエンド・ツー・エンドの自動化を提供する点もこのネットワークの大きなと特長です。このネットワークは、数百万人に及ぶ日本の加入者へのサービス提供に向け、構築が進められています。

 

インテル コーポレーション 上席副社長のサンドラ・リベラ(Sandra Rivera)は次のように述べています。「ECおよびフィンテック市場のリーダーである楽天は、現在、インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー上で稼動し、アクセラレーションにインテル® FPGAを採用したモバイル・ネットワークをゼロから構築しています。このエンド・ツー・エンドのクラウド・ネイティブな自動化ネットワークは、革新的なアプローチで進められており、この俊敏なSDN(software-defined network)により、楽天はモバイル・サービスを迅速に拡充できるようになります」

 

重要とされる理由:インテル® Xeon® プロセッサーおよびインテル® FPGAベースのアクセラレーターを使用したこのアーキテクチャーにより、楽天は、機動性と柔軟性の向上を図るだけでなく、日本国外への規模の拡大や、より低コストでの消費者へのサービス提供が可能になります。今年10月に予定されている商用サービスの開始は、日本の通信業界のみならず、世界各地の通信業界にとっても創造的破壊になるこの革新的なアーキテクチャーの活用により実現します。

 

これまでのテスト内容:この新しい完全仮想化ネットワークにとって初となるエンド・ツー・エンドのフィールド・テストが、2月3日(日)に東京郊外で実施されました。ロービング・テストでは、データネットワークを成功裏に使用し、楽天のモバイル・メッセージング・プラットフォームであるViber上で音声およびビデオ通話を行うことができました。テスト段階で得られたデータとパフォーマンス指標を見直すことで、ネットワークの着実な立ち上げを確かなものにします。

 

楽天モバイルネットワークの最高技術責任者(CTO)であるタレック・アミン(Tareq Amin)氏は次のように述べています。「データセンターからコア・ネットワーク、RANまで、高性能なインテル Xeon プロセッサーが当社のネットワーク・バックボーンを支えています。この完全なエンド・ツー・エンドの仮想化ネットワークは、私たちが依存している専用のハードウェアやレガシーインフラからの脱却に役立つと確信しています。これは、顧客にとっても勝利です。私たちは、クラウドのような新しい業務効率を実現し、お客様にそのコスト削減効果をお届けします」

 

ネットワークの仕組み:楽天のモバイル・ネットワークは、Altiostar*の無線アクセス技術とCisco*のコア・ネットワーク・ソフトウェアをサポートし、インテル® Xeon® プロセッサー・ベースのQuanta製*のサーバー上で動作する仮想化無線アクセス・ネットワークを使用した、RANからコア・ネットワークまで完全に仮想化されたネットワークです。

 

楽天はまた、ネットワークの拡張に対し、インテルとともにマルチアクセス・エッジ・コンピューティング(MEC)の導入を図り、サーバーのようなデバイスをネットワーク・エッジに近づけています。ネットワーク・エッジへの配置により、アプリケーションやリッチなメディア・コンテンツの処理がより高速に行われ、待機時間もほぼなくなります。

 

楽天は、この新しいネットワークによって、これまでにない新しい通信、豊富なデータを利用したサービスを提供する意向で、EC、フィンテック、デジタル・コンテンツ、通信という事業領域における既存ユーザーにも有益です。

インテルについて

インテル(NASDAQ: INTC)は、半導体業界をリードする企業として、世界中の技術革新の基盤となるコンピューティングや通信の技術により、データを中心とした未来を創造します。技術的な優位性を基盤に、世界中のさまざまな課題の解決だけでなく、クラウドからネットワーク、エッジ、そしてそれらをつなぐあらゆるモノに至るまで、スマートかつつながっている世界を支える数十億ものデバイスやインフラを安全に接続するための支援に取り組んでいます。インテルの詳細については ニュースルーム またはインテルの Webサイト をご覧ください。

Intel、インテル、Intel ロゴは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。
* その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。