インテル、より高性能なAIエッジデバイスの開発に向けて インテル® ニューラル・コンピュート・スティック 2をインテル® AI DevCon 北京大会で発表

 

» 全ての画像をダウンロード (ZIP, 59 MB)

 

<ご参考資料>
2018年11月15日に米国で発表された資料の抄訳です。

 

ニュス:
インテルは、中国時間11月14日~15日に北京で最初の人工知能(AI)開発者向け会議を開催し、より高性能な人工知能(AI)アルゴリズムの開発に向けて、ネットワークエッジにおけるコンピューター・ビジョンの試作を可能にするインテル® ニューラル・コンピュート・スティック 2 (インテル® NCS 2)を紹介しました。

 

インテル® Movidius™ Myriad™ X ビジョン・プロセシング・ユニット(VPU)をベースに、インテル® Distribution of OpenVINO™ツールキットを搭載したインテル® NCS 2は、前世代のNeural Compute Stickを上回る性能を提供すると同時に、手ごろな価格でディープ・ニューラルネットワーク向けの推論アプリケーションの開発を高速化できます。インテル® NCS 2により、ディープ・ニューラルネットワークのテストやチューニング、試作が可能となり、開発者は幅広いインテルのビジョン・アクセラレータのフォームファクターを活用することで、実際のアプリケーションを試作から製造へと移行させることができます。

 

「第1世代のインテル® ニューラル・コンピュート・スティックは、これまで存在しなかったフォームファクターと手頃な価格により、AI開発者コミュニティー全体で評判となりました。コンピューティング能力をさらに強化した新しいインテル® NCS 2の登場により、コミュニティーから新たに生み出される成果を楽しみにしています」
インテル コーポレーション 副社長 兼 AIプロダクト事業本部 本部長 ナヴィーン・ラオ

 

実現するメリット:
機能強化されたインテル® NCS 2により、IoT (Internet of Things)や試作のエッジデバイスにコンピューター・ビジョンとAIを簡単に導入できます。インテル® NCS 2は、スマートカメラやドローン、産業用ロボット、次世代のスマートホーム・デバイスの開発者向けに、試作をこれまで以上に高速かつスマートに実現するための機能を提供します。

 

外観は標準的なUSBドライブのように見えますが、それ以上の機能をインテル® NCS 2は備えています。インテル® NCS 2は、最新世代のインテル® VPU(インテル® Movidius™ Myriad™ X VPU)を搭載し、さらなるパフォーマンスを提供するニューラルネットワーク向けの推論アクセラレータ専用ハードウェアであるニューラルコンピューティング・エンジンを搭載した初めてのNeural Compute Stickです。多くのネットワークをサポートするインテル® Distribution of OpenVINO™ ツールキットと組み合わせることで、試作における柔軟性を開発者に提供します。また、インテル® AI: In Productionエコシステムにより、開発者はインテル® NCS 2上の試作を他のフォームファクターへと移行し、自らの設計を製品化できるようになります。

 

仕組み:
ノートPCおよびインテル® NCS 2により、開発者は、AIやコンピューター・ビジョンのアプリケーションを数分で実行することが可能です。インテル® NCS 2は標準のUSB3.0上で稼働し、追加のハードウェアを必要としません。ユーザーは、PCでトレーニングされたモデルを、インターネットやクラウドに接続せずに広範囲のデバイスにスムーズに移行、導入することが可能になります。

 

2017年7月に発売された第1世代インテル® NCSは、数万人の開発者からなるコミュニティーに注目され、700以上の開発者のビデオで紹介され、数十の研究論文で利用されました。そして、インテル® NCS 2の性能がさらに向上した今、AIコミュニティーがアプリケーションをこれまで以上に意欲的に創造する機会を提供します。

 

 

» 動画をダウンロード: “インテル Movidius Neural Compute Stick (B-Roll)”

 

* Intel、インテル、Intel ロゴ、Movidiusは、米国および/またはその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。

* その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。

インテルについて

インテル(NASDAQ: INTC)は、半導体業界をリードする企業として、世界中の技術革新の基盤となるコンピューティングや通信の技術により、データを中心とした未来を創造します。技術的な優位性を基盤に、世界中のさまざまな課題の解決だけでなく、クラウドからネットワーク、エッジ、そしてそれらをつなぐあらゆるモノに至るまで、スマートかつつながっている世界を支える数十億ものデバイスやインフラを安全に接続するための支援に取り組んでいます。インテルの詳細については ニュースルーム またはインテルの Webサイト をご覧ください。

Intel、インテル、Intel ロゴは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。
* その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。