Intel Official News and Information

インテル:新型コロナウイルスへの取り組みの最新情報

インテルは、新型コロナウイルスに取り組むにあたり、顧客のための業務継続と、社員、パートナー、ゲスト全員の安全の確保と福利厚生の維持を最優先事項としています。先週開催されたMorgan Stanley TMT Conferenceにおいて、インテル コーポレーション CFO(最高財務責任者)のジョージ・デイビスが新型コロナウイルスの取り組みについて触れました。「新型コロナウイルスの事態は今も進展していますが、インテルは米国オレゴン州、アリゾナ州、ニューメキシコ州、カリフォルニア州、ならびにアイルランド、イスラエル、中国の製造拠点を含め、業務を世界中で比較的、通常通りに継続しています」と述べました。

 

インテル コーポレーション CEO(最高経営責任者)ボブ・スワンは社員に宛てたメッセージで、顧客のために業務を継続する社員の行動に感謝しながら、次のようにメッセージを送りました。

 

「インテル ファミリー(社員、関係者等)全体の手助け無しに、今回の困難な状況に効果的に取り組むことはできません。これまでの数週間、お互いに支い合い、また、数多くの拠点や社員が通常と異なる必要性に直面しながらもその理解に努めてくれたことに深く感謝します。インテルは今後も、社員の福利厚生と顧客のニーズをあらゆる意思決定の中心に置きます。今回の事態への協力と理解をお願いします。私は、私たちがOne Intelの価値を発揮できていることを非常に誇りに思います」

 

インテルは、直接的および間接的に社員のケアに努め、この進展する事態の中で、事業継続を維持するために、次の措置を講じています。

 

  • 在宅勤務と社会的距離確保の方針:インテルは、社員に対して各々の役割が許す限り、在宅勤務を推奨しています。また、製造に携わる社員ほか、出社が求められる社員の安全を確保するために、社会的距離を確保する方針も導入しました。一例として、カフェテリアの座席数や対面での会議参加者の人数を制限しています。これらの方針はまず中国で導入されており、社員の安全の確保と業務の継続に貢献しています。

 

  • 時間給社員の雇用維持:インテルは、時間給社員に対して給与の全額支給を継続しています。在宅勤務と社会的距離確保の方針により、インテル サービス パートナーが雇用する世界中の時間給労働者はその職位に関係なく、全額支給の方針が今後、最低2ヵ月以上延長されます。

 

  • 福利厚生措置の更新出張制限により、在宅勤務あるいは自己観察が求められる社員と契約者に対しては通常通りの給与が支払われます。また、学校やケアセンターの閉鎖に伴い、子供や高齢者の見守りが必要な社員、あるいは社員もしくは社員の家族が新型コロナウイルスの発生により自己観察が求められる場合は、ケアサービスの日数が15日まで引き上げられます。

 

  • オフィスの清掃回数の増加世界中の数多くのデジタル インフラストラクチャーに影響を及ぼすインテルのラボや製造施設に勤務する多くの社員のために、今後もオフィスを開放します。清潔で安全な施設の維持は、インテルの事業運営において中核になります。特別な予防措置として、世界中のインテルの施設において、毎日複数回の清掃を行う持続的な追加措置の契約を結びました。

 

インテルはさらに、同社の技術と専門知識を活用し、新型コロナウイルスに対する理解の深耕とより良い有効手段の実現に努めています。一例として、インテルとレノボは、COVID-19の遺伝子特性の解析を加速させるために、中国・北京に拠点を置くBGI ゲノミクスとの協力を進めています。この協力を通じて、BGIのシーケンシング・ツールの機能をさらに強化させ、科学者によるウイルスの感染パターンの調査や、より良い診断方法の確立を支援します。インテルは、この緊急かつ重要な取り組みにおいて、パートナーと顧客を支援する機会に進んで取り組んでいきます。

 

インテル パンデミック・リーダーシップ・チームは、インテルのコーポレート・エマージェンシー・オペレーション・センターと提携し、世界中での事態の変化を注意深く監視しています。医療、安全性、事業運用の専門的な人材で構成される専門チームは15年以上前に設立されており、現在、インテルが進めているような取り組みを通じて、世界規模の保健問題の事態をリードしています。このチームは、社員の福利厚生の確保と、地方自治体や公衆保健組織と連携し、その勧告に従いながら、感染の広がりを最小限に抑制することに注力しています。このチームはこれまでにも、鳥インフルエンザ、SARS(重症急性呼吸器症候群)、エボラ出血熱、ジカウイルス感染症(ジカ熱)、新型インフルエンザ(H1N1)などの世界規模の保健問題について、インテルの取り組みを支援してきました。

 

インテルは引き続き、インテルの取り組みを進展させ、社員に社員の安全と福利厚生を最優先事項であることを伝えていきます。

インテルについて

インテルは業界のリーダーとして、世界中の進歩を促すとともに生活を豊かにする、世界を変えるテクノロジーを創出しています。ムーアの法則に着想を得て、顧客企業が抱える大きな課題を解決する半導体製品を設計・製造し、その進化に向けて日々取り組んでいます。クラウド、ネットワーク、エッジ、あらゆるコンピューティング機器のインテリジェント化によりデータの価値を最大化し、ビジネスと社会をより良く変革します。インテルのイノベーションについては、https://newsroom.intel.co.jp またはhttps://intel.co.jpをご覧ください。
* Intel、インテル、Intel ロゴ、インテルのマークは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。
* その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。