インテル、oneAPIおよびインテル® Server GPUにより、XPUビジョンの実現に前進 | インテル ニュースルーム

インテル、oneAPIおよびインテル® Server GPUにより、XPUビジョンの実現に前進

※2020年11月11日に米国で発表された資料の抄訳です。 最新情報:インテルは本日、様々なアーキテクチャーにおけるソフトウェア体験を統一されたものとするための、数年にわたる取り組みにおける重要なマイルストーンを発表しました。12月にインテル® oneAPIツールキットのGold版を提供開始し、ハードウェアおよびソフトウェアの統合型設計アプローチの一環として、ソフトウェアスタックにおける新機能を追加します。また、データセンター向けとしては初のディスクリート・グラフィックス・プロセッシング・ユニット(GPU)であるインテル® サーバー GPUも発表しました。これは、Xe-LPマイクロアーキテクチャーをベースにしたもので、高密度・低レイテンシーのAndroidクラウドゲームやメディア・ストリーミングに特化して設計されています。 インテル コーポレーション 上級副社長 兼 チーフアーキテクト 兼 アーキテクチャー・ソフトウェア&グラフィックス部門 本部長であるラジャ・コドゥリ(Raja Koduri)は「本日は、インテルが目指すoneAPIとXPUの道のりにおける重要な日となりました。oneAPIツールキットのGold版の提供開始により、​従来のCPUプログラミングのライブラリやツールから、ベクトル行列と空間を取り扱うアーキテクチャーに至るまで開発者のプログラミング環境を拡張します。​また、Xe-LPマイクロアーキテクチャーをベースとしたインテル初のデータセンター向けGPUも提供開始します。これは、急成長するクラウドゲームやメディア・ストリーミング分野に焦点を当てたものです」と述べています。 なぜ重要か:数十億のインテリジェント・デバイスが稼働し、データが指数関数的に増加する時代へと世界が突入する中、CPUだけではなく、CPU、GPU、FPGAなどのアクセラレーターを横断してアーキテクチャーをミックスしたものに着眼点を移すことが求められており、インテルはこれを「XPU」ビジョンと総称しています。インテル® サーバー GPUの投入は、XPU時代におけるインテルの製品ポートフォリオ拡大に向けた歩みの一つとなります。 また、このコンピューティング時代には包括的なソフトウェアスタックも必要です。インテルのoneAPIツールキットを使用することで、開発者はインテル® XPU全体にわたり、共通かつオープンで標準ベースのプログラミングモデルにアクセス可能になります。基盤となるハードウェアの性能ポテンシャルを発揮しながら、ソフトウェア開発および保守コストを削減するとともに、ベンダー固定のソリューションと比較して、アクセラレーテッド・コンピューティングの導入に伴うリスクを低減します。 インテル® oneAPIツールキット Gold版の提供開始について:SuperComputing 2019で初めて披露されたoneAPI業界イニシアティブは、ベンダーロックインを排除しつつ妥協のないパフォーマンスを実現しながら、レガシーコードの統合を可能にする、統一されて簡素化されたクロスアーキテクチャー・プログラミングモデルに向けた大胆なビジョンです。oneAPIを使用することで、開発者は将来のアーキテクチャーやプラットフォームのためにソフトウェアを書き換える必要なく、解決しようとしている問題に最適なアーキテクチャーをその都度選択することができます。 インテル® oneAPI ツールキットは、CPU 上の インテル® AVX-512 や インテル® DLブーストなどの最先端ハードウェア機能や命令、およびXPU 固有の機能を最大限に活用します。長年にわたり実績のあるインテルの開発者ツールをもとに構築されたインテル® oneAPI ツールキットは、既存コードとの完全な継続性を提供しながら、従来のプログラミング言語および標準規格を提供します。 インテルは、本日、12月にインテルoneAPIツールキットのGold版をローカルおよびインテル® DevCloudにおいて無料で提供開始するとともに、インテルのテクニカル・コンサルティング・エンジニアによるグローバルなサポートにも対応する製品版も提供開始すると発表しました。また、インテル® Parallel Studio XEおよびインテル® System StudioツールスイートをoneAPI 製品に移行します。 また、開発者が様々なインテルのアーキテクチャー上でコードやワークロードをテストできるインテル® DevCloudは、新しいインテル® Xe グラフィックス・ハードウェア対応に拡張されます。インテルIris Xe MAXグラフィックスは一般公開されており、インテルXe-HPは一部開発者が利用可能です。 oneAPIは、Microsoft AzureやTensorFlowなど業界から推奨を受けているほか、主要研究機関、企業、大学もoneAPIを支持しています。 また、イリノイ大学ベックマン高等科学技術研究所は本日、新たにoneAPIセンター・オブ・エクセレンス(CoE)の設立を発表しました。同研究所ではoneAPIプログラミングモデルを使用して、ライフサイエンスアプリケーションであるナノスケール分子動力学(NAMD)を追加のコンピューティング環境に拡張しています。大規模な生体分子システムをシミュレーションするNAMDは、COVID-19など現実世界の課題への取り組みに貢献しています。その他、GROMACSに着目しているストックホルム大学(SERC)や他のベンダー製GPUにoneAPIサポートを提供しているハイデルベルク大学(URZ)などもoneAPIを支持しています。 » 全ての画像をダウンロードする (ZIP, … Continue reading インテル、oneAPIおよびインテル® Server GPUにより、XPUビジョンの実現に前進