モービルアイとNIO、中国での展開を皮切りとした、個人向けレベル4 自動運転車の実現に向けて協業

 

最新情報:インテルの子会社であるモービルアイと中国のプレミアム電気自動車(EV)市場のパイオニアである上海蔚来汽車(NIO)は、中国ならびにその他主な市場を対象とした高度に自動化された個人向け自律走行車(AV)の開発で戦略的に協業することを発表しました。協業の一環として、NIOは、モービルアイのレベル4(L4) AVキットを基に設計された自動運転システムのエンジニアリングと製造を行います。この自動運転システムは、個人向け自動運転車両を対象として自動車に求められる標準や品質、コスト、量産化に対応するエンジニアリングを満たした他に類を見ないシステムです。NIOは、モービルアイ向けにこのシステムを量産するほか、この技術を自社の個人向けEVのラインナップ、ならびにモービルアイが実現を目指す運転手のいないライドへーリング・サービス(送迎配車サービス)向けに組み込みます。NIOの派生モデルは、まず中国にて展開され、その後、中国以外の市場にも拡大展開される計画です。

インテル コーポレーション 上席副社長、モービルアイ 社長 兼 CEOアムノン・シャシュアは「私たちは、個人向けならびにロボタクシー車両向けに自動運転のEVを開発する NIOとの協業および今後の可能性に多大な期待を寄せています。私たちは、この協業を通じて中国やその他の市場において、道路上のさらなる安全をもたらすことができることに大きな価値を感じています。また、今後モービルアイが世界中で変革的なモビリティサービスを構築していく際にNIOと協力できることを楽しみにしています」と述べました。

 

背景:NIOとの協業は、モービルアイのAVにおけるリーダーシップ、そして中国を皮切りに、その他の市場にて新たな時代の交通手段を、ドライバーと乗客に提供する能力をふまえて合意されました。NIOが量産パートナーとなることにより、モービルアイの自動運転システムはマスマーケットで展開され、モービルアイのAVイノベーションは世界規模で自動車の顧客へ拡大します。今回の合意は、21世紀のモビリティ・ニーズに対応するために、世界規模での商用ロボタクシーの実用化を目指すモービルアイと、その車両を提供する自動車量産メーカーとの初のパートナーシップです。ロボタクシーによるサービスは、世界中の都市部で環境汚染と渋滞を減らす一方で、道路上の安全と交通アクセスの向上に役立つと考えられています。

NIOにとって、モービルアイの自動運転システムの量産と統合をサポートすることは、ドライバーのユーザー体験を再定義するプレミアムでスマートなEVの提供を目指すNIOのミッションと合致しています。モービルアイとの協業から得られる先進運転支援システム(ADAS)技術とレベル4の自動運転がもたらす高い安全性と機能性を備える自動車により、NIOはプレミアム電気自動車市場で、最先端のポジションを維持します。

 

協業の内容:今回の戦略的な協業のもと、モービルアイは、Mobileye EyeQ® システム・オン・チップ (SoC)、ハードウェア、ドライビング・ポリシー、セーフティ・ソフトウェア、マッピング・ソリューションで構成されるL4 AVキットであるMobileye AV Seriesに基づく自動運転システムの設計をNIOに提供します。NIOは、個人向け自動車市場とモービルアイが展開するMaaS向けの両方を対象に、モービルアイのシステムをオートモーティブ・グレードで設計、統合し、量産します。さらにNIOは、この自動運転システムを自社の車両に組み込むだけでなく、モービルアイが世界市場で展開するカーヘイリング・サービス用のロボタクシーとなる特別な電気自動運転車を派生モデルとして開発する予定です。

NIOの創業者で会長兼CEOのWilliam Li(ウィリアム・リー)氏は「NIOは、次世代の自動車会社、そして、ユーザー・エンタープライズを目指しています。私たちにとって、EVは出発点であり、コミュニティーをつなぎ、つながりを強くする基盤であると考えています。モービルアイとともに、私たちの自動車の安全性と性能を高めていくことは、プレミアムでスマートなEVを提供し、喜びに満ちたライフスタイルをデザインするという、私たちのビジョンに沿っています」と述べています。

 

Mobileye AV Series

モービルアイのL4 AVキットは車両に組み込み可能で自動車事故を効果的に減らす自律機能を備えたドライバーレス・テクノロジー・ソリューションです。

 

ハードウェア:Mobileye AV Seriesは、カメラ、レーダー、LiDAR、ケーブル、モデム、GPS、その他メカニカル・コンポーネントなど、完全な自律車両に求められるハードウェアを提供します。これらすべてのコンポーネントは、優れたディープラーニングとパフォーマンス効率を備え、低コストと低消費電力を実現した自律走行のために特別に設計された第5世代  EyeQ® SoCによって制御されます。

 

ドライビング・ポリシー:モービルアイ独自の強化学習アルゴリズムと、センシングやコンピューティング・プラットフォームにより可能となる人間以上の視覚や反応時間の組み合わせにより、人間が行っているような運転が実現します。モービルアイのドライビング・ポリシー・テクノロジーにより、AV キット実装車は、道路上の複雑な状況においても人間が運転する車と上手く対処することが可能になります。

 

セーフティ・ソフトウェア:モービルアイのドライビング・ポリシーは、自律走行車の意思決定がより安全に行われることを支援するResponsibility-Sensitive Safety(RSS)により補完されます。RSSは、オープンかつ透明性のある公式モデルであり、AVが意思決定を行えるようにするセーフティパラメーターを提供し、常識的で人間中心な安全運転のコンセプトを形式化します。ドライビング・ポリシーにより車両をポイントAからポイントBに移動させ、RSSにより移動中の車両を安全に保つことをサポートします。

インテルについて

インテル(NASDAQ: INTC)は、半導体業界をリードする企業として、世界中の技術革新の基盤となるコンピューティングや通信の技術により、データを中心とした未来を創造します。技術的な優位性を基盤に、世界中のさまざまな課題の解決だけでなく、クラウドからネットワーク、エッジ、そしてそれらをつなぐあらゆるモノに至るまで、スマートかつつながっている世界を支える数十億ものデバイスやインフラを安全に接続するための支援に取り組んでいます。インテルの詳細については ニュースルーム またはインテルの Webサイト をご覧ください。

Intel、インテル、Intel ロゴは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。
* その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。