Intel’s news source for media, analysts and everyone curious about the company.

新しいインテルvPro® プラットフォームが、最新の働き方を支援する妥協のない生産性とパフォーマンスを提供

2020年5月13日に米国カリフォルニア州で発表されたプレスリリースです。

最新情報:インテル コーポレーション(本社:米国カリフォルニア州サンタクララ)は本日、ノートPCおよびデスクトップPC向けの新しい第10世代インテル® Core™ vPro® プロセッサーを発表しました。このプロセッサーは、リモートで働く従業員が増える中、次世代のビジネス・コンピューティングの革新を強化するために開発されたものです。生産性、接続性、セキュリティー機能およびリモート管理機能の向上を実現し、IT部門が従業員に対し、常時接続性、高い生産性、さらなる安全性や、淀みなく業務を遂行できる環境を提供できるようになります。

インテル コーポレーション クライアント・コンピューティング事業本部 副社長 兼 ビジネス・クライアント・プラットフォーム事業部長のステファニー・ホールフォード(Stephanie Hallford)は「ビジネス向けに設計されたインテルvPro® プラットフォームは、パフォーマンス、ハードウェアによって強化されたセキュリティー、管理性、安定性を備えた総合的なPC基盤です。現在直面する課題だけでなく、PCのライフサイクルを通して、将来の労働環境の課題も解決できるよう、新しい第10世代インテル® Core™ vPro® プロセッサーによってその強固なPC基盤をさらに進化させました」と述べています。

 

最新の働き方環境の実現を支援:10年以上にわたり、インテルvPro® プラットフォームは、企業の大小を問わず、IT部門が従業員の生産性を維持し、企業資産を保護し、IT機器の管理を簡素化できるよう支援してきました。その取組みは、第10世代インテル® Core™ vPro® プロセッサーを搭載した最新のインテルvPro®プラットフォームを通じて拡大を続け、妥協のない生産性、ハードウェアベースのセキュリティー機能、コンピューティングを通じたイノベーションの基盤を提供します。

Intel Corporation on May 13, 20202, introduced its 10th Gen Intel Core vPro processors. The family of processors is designed to power the next generation of business computing innovation for the increasingly remote workforce. New mobile and desktop PC processors deliver increased productivity improvements, connectivity, security features and remote manageability. (Credit: Intel Corporation)
» Click for full image

最新のインテル® Core™ vPro® プロセッサーを搭載したシステムは、生産性を高めるために必要とされるビジネス用途に相応しいパフォーマンスと応答性を持ち、さらにビデオ会議に最適な内蔵型Wi-Fi 6(Gig +)による接続性1、より信頼性の高いパフォーマンス、IT部門やユーザーの新たな課題に対処するための管理テクノロジーを提供します。これらはすべて、インテルのイノベーション・プログラム「Project Athena」に基づく洗練されたパワフルでモダンなデバイスから、高性能なデスクトップPCまで、さまざまなフォームファクターで提供されます。

シスコのワイヤレスCTO(最高技術責任者)であるマット・マクファーソン(Matt MacPherson)氏は「10年以上にわたり、シスコとインテルは比類のないワイヤレス体験を提供するための協業を続け、ビジネスにおいてWi-Fiがより意義を持ち、影響を与えることができるよう努めてきました。新しい業界標準や革新が登場した際には、シスコとインテルの顧客が最新のテクノロジーを迅速かつ確実に採用できることを保証できるよう、両社の緊密なパートナーシップのもと、早期かつ広範なテストを行っています。新しい第10世代インテル® Core™ vPro® プロセッサーとシスコの最新のWi-Fi 6認証済みアクセスポイントによる信頼性の高い接続、高速ダウンロード、アプリケーションパフォーマンスの向上を、顧客に体験していただくことを嬉しく思います」と述べています。

第10世代インテル® Core™ vPro® プロセッサーによる改善点は次の通りです。

  • 3年前のノートPCと比較して、アプリケーション全体のパフォーマンスが最大40%向上2
  • 3年前のノートPCと比較して、オフィスの生産性が最大36%向上3
  • 5年前のデスクトップPCと比較して、データの分析と視覚化を最大44%高速化4
  • ビデオ会議に最適なWi-Fiテクノロジーである内蔵型のインテル®Wi-Fi 6(Gig +)により、通信ビットレートが3倍近く高速化し5、高密度環境でのパフォーマンスも向上1
  • Project AthenaベースのノートPCでは、迅速な応答性、長時間バッテリー駆動、瞬時の再開が実現

» インフォグラフィックを最大化する

主な機能と性能について:新しい第10世代インテル® Core™ vPro® プロセッサーには、セキュリティー、ライフサイクル管理、運用の安定性を強化するための機能が追加されています:

 

より安全な基盤を実現:

  • インテル® ハードウェア・シールドは、サイバー攻撃を防ぐためにハードウェアで強化されたセキュリティー機能を提供し、今回、より高度な脅威検出とOS下層の保護機能の拡張により、システムメモリーの重要なリソースを保護しています。
  • インテル® トランスペアレント・サプライ・チェーンは、PC部品のトレーサビリティと真正性を実現し、安心感を高めます。

 

最新のライフサイクル管理:

  • インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジーとインテル® エンドポイント・マネジメント・アシスタントにより、デバイスのリモート管理がオンプレミスでもクラウドのいずれの環境でも可能となり、オンサイトサポートやPCメンテナンス、従業員のダウンタイムに係る時間や費用を削減できます。

新しい第10世代インテル® Core™ vPro® モバイルおよびデスクトップ・プロセッサーを搭載したPCは、今後数か月内にPCメーカー各社から発売される予定です。

 

詳細情報: Intel 10th Gen Core vPro Platform Product Brief | Intel 10th Gen Core vPro Processor Product Brief | Internet of Things Platform Brief | Intel Xeon W-1200 Workstation Processors Product Brief

» インフォグラフィックを最大化する

The Small Print:

All information provided here is subject to change without notice. Contact your Intel representative to obtain the latest Intel product specifications, roadmaps, and related information.

Testing concluded May 4, 2020, and may not reflect all publicly available updates. See configuration disclosure for details. No product can be absolutely secure.

Software and workloads used in performance tests may have been optimized for performance only on Intel microprocessors.

Performance tests, such as SYSmark and MobileMark, are measured using specific computer systems, components, software, operations and functions. Any change to any of those factors may cause the results to vary. You should consult other information and performance tests to assist you in fully evaluating your contemplated purchases, including the performance of that product when combined with other products. For more complete information about performance and benchmark results, visit http://www.intel.com/benchmarks

Your costs and results may vary.

Intel technologies may require enabled hardware, software or service activation.

Intel contributes to the development of benchmarks by participating in, sponsoring, and/or contributing technical support to various benchmarking groups, including the BenchmarkXPRT Development Community administered by Principled Technologies.

Battery life may vary substantially by use, system configurations, and settings. Among other things, battery life depends on the size and age of your battery, what your power settings are, how bright your screen is, what applications you are running, and whether you are using wireless or Bluetooth functions while mobile. Battery life also depends on system design, including the memory, processor, and operating system installed on your computer, and how your use your computer (e.g., playing a game or watching a video online consumes more power than word processing).  In addition, actual battery life may not match the theoretical battery life reported by a benchmark for other reasons as well. Benchmark testing is normally done on new computers with fully charged, properly conditioned batteries, yet batteries lose capacity over time and after repeated use.

1 As measured by by OTA (Over the Air) Wi-Fi 6 (802.11ax) vs. Wi-Fi 5 (802.11ac) NB client Skype video conferencing test data, obtained in standard corporate IT 20 MHz and 40 MHz network deployment scenarios.

Wi-Fi networks consist of 8 NB clients with 7 clients generating 10-20 Mbps Wi-Fi traffic (using iChariot traffic simulator) while 1 client conducts a 5 min Skype video conference session with a 9th client connected via 10/100/1000 Ethernet to a local server.  Skype data obtained via Skype reporting application.

8 NB Wi-Fi network client specifications: Dell XPS 13 (10th Gen), Killer AX1650, Driver 21.90.0.9; OS: Win 10 19H1 64-bit,  9th NB Callee (wired) = Dell G7 15 7588, Killer E2400, Driver: 9.0.0.42, OS: Win 10 19H1 64-bit; Enterprise APs: (AC) Wi-Fi 5: Cisco 3800, FW: 8.10.128.91;  (AX) Wi-Fi 6: Cisco 9130, FW: 8.10.128.91

Wi-Fi 6 performance benefits require use of similarly configured Wi-Fi 6 networking infrastructure (routers & APs) based on the IEEE 802.11ax wireless standard specification.

Test data represents best case results through a controlled local network to show relative Wi-Fi 6 vs. Wi-Fi 5 technology differences.  Actual real-world corporate results may vary and are expected to be higher due to 1) greater number of diverse clients, 2) higher network traffic levels, and 3) greater physical client distance from Skype server.

2 As measured by SYSmark 2018 Overall Score on pre-production 10th Gen Intel® Core™  i7-10810U vs. 8/15/19 testing of 7th Gen Intel® Core™ i7-7600U.

3 As measured by SYSmark 2018 Productivity Subtest Score on pre-production 10th Gen Intel® Core™  i7-10810U vs. 8/15/19 testing of 7th Gen Intel® Core™ i7-7600U.

4 As measured by MS PowerBI Workload on pre-production 10th Gen Intel® Core™ i7-10700 vs. 6th Gen Intel® Core™ i7-6700. This workload measures the time it takes to change the data source for a Power BI Dashboard, and update the dashboard with the new data.

5 Nearly 3X Faster: 802.11ax 2×2 160 MHz enables 2402 Mbps maximum theoretical data rates, ~3X (2.8X) faster than standard 802.11ac 2×2 80 MHz (867 Mbps) as documented in IEEE 802.11 wireless standard specifications and require the use of similarly configured 802.11ax wireless network routers. Nearly 40% higher peak data rates” Intel® Wireless-AX claims are based on the comparison (39%) of the expected maximum theoretical data rates for dual spatial stream 802.11ax 80 MHz (1201 Mbps) vs. dual spatial stream 802.11ac 80 MHz (867 Mbps) Wi-Fi solutions as documented in IEEE 802.11ax draft 2.0 spec and IEEE 802.11 wireless standard specifications, and require the use of similarly configured 802.11ax wireless network routers.

インテルについて

インテルは業界のリーダーとして、世界中の進歩を促すとともに生活を豊かにする、世界を変えるテクノロジーを創出しています。ムーアの法則に着想を得て、顧客企業が抱える大きな課題を解決する半導体製品を設計・製造し、その進化に向けて日々取り組んでいます。クラウド、ネットワーク、エッジ、あらゆるコンピューティング機器のインテリジェント化によりデータの価値を最大化し、ビジネスと社会をより良く変革します。インテルのイノベーションについては、https://newsroom.intel.co.jp またはhttps://intel.co.jpをご覧ください。
* Intel、インテル、Intel ロゴ、インテルのマークは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。
* その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。