Intel’s news source for media, analysts and everyone curious about the company.

モービルアイと ZF の予防安全技術がトヨタに採用

今回の新たな合意により、モービルアイと ZFは先進運転支援ソリューションにおける提供範囲をさらにグローバルに拡大

Mobileye’s EyeQ4 applies enhanced computational capabilities with computer vision algorithms while rapidly processing information from the vehicle’s front-facing camera. With a variety of feature sets including vehicle detection from any angle and next-generation lane detection, the EyeQ4 enables automakers like Toyota to take a major step forward in autonomy, achieving the ability to support and enhance complicated driving tasks. (Credit: Mobileye)

 

※2021年5月18日にグローバルで発表された資料の抄訳です。

 

最新情報: インテル傘下のモービルアイは、ゼット・エフ・フリードリヒスハーフェン社 (以下、ZF) とともに、今後数年内にトヨタ自動車株式会社 (以下、トヨタ) の複数の車両プラットフォームに搭載する先進運転支援システム (ADAS) の開発ベンダーとして選定されました。この合意の一部として、モービルアイのテクノロジーを採用した車載カメラの世界トップメーカーの1社である ZF は、同社の中距離用レーダーテクノロジー (Gen21) を供給し、同社車載カメラとレーダーの統合を担当します。

 

「私たちは、ZF との連携のもと、世界最大の自動車メーカーであるトヨタ向けに、業界をリードする運転支援ならびに予防安全技術を開発できることを大変光栄に思います」

– アムノン・シャシュア、インテル上席副社長、モービルアイ社長 兼 CEO (最高経営責任者)

 

このニュースの重要性: モービルアイとZFが提供する安全支援ソリューションは、コンピュータービジョン、機械学習、自己位置特定用地図、車線維持(LKA)/車線中央維持(LCA)などの機能実現に必要なクラス最高の横方向制御技術を活用し、路上の安全性を向上させる革新的なアプローチであり、今後も世界最大手の自動車メーカーにとって最も魅力的なソリューションであり続けます。

 

世界最大手の自動車メーカーであるトヨタと結んだこの新たなパートナーシップは、モービルアイと ZF がトヨタ車の ADAS システムにノミネートされた初の機会であり、世界中の道路において、安全性とドライバーの利便性を高める両社の安全技術が届く範囲を大幅に拡大するものです。

 

ZF は、世界標準の高度な安全性基準に準拠する先進的な安全システムの開発に向けた、トヨタとモービルアイとの緊密な連携を楽しみにしています。当社の革新的なテクノロジーが組み合わされることで、フュージョン・ベースのシステムとADAS機能に卓越したパフォーマンスと堅牢性を提供します」

– クリストフ・マーナット、ZFのエレクトロニクスおよびADAS事業部を担当するエグゼクティブバイスプレジデント

 

合意の内容: モービルアイ と ZF の連携によって生み出される、ZF のレーダー技術と組み合わせた最先端のカメラ技術は、トヨタ車の主要な先進運転支援プラットフォームに搭載される予定です。モービルアイの EyeQ® 4は、現時点で提供可能な最先端のアプリケーション専用ビジョン・コンピューティング向けシステムオンチップ (SoC) の1つであり、ZF の中距離用レーダーテクノロジー (Gen21) と組み合わせて、トヨタ車の周囲環境を正確に把握します。これらのテクノロジーを組み合わせることで、横方向と前後方向におけるクラス最高の車両制御と同時に、衝突の防止と軽減を実現します。

 

モービルアイの EyeQ® 4 は、コンピューター・ビジョン・アルゴリズムによって強化された高度な演算機能を活用し、フロントカメラが捉えた情報を高速処理します。あらゆる角度からの車両検知や次世代の車線検知など多彩な機能セットを備えているため、自動車メーカーは自律走行に向けて大きく前進し、複雑な運転操作を支援 / 強化する能力を手に入れることができます。

 

ZF の中距離用レーダーテクノロジー (Gen21) は、2022年にユーロ NCAP の安全性試験で 5 つ星評価の獲得と、レベル 2 / レベル 2+ の自動運転機能の実現を目指して設計された、77GHz の高性能フロントレーダーです。自動車メーカーの要件に合わせて拡張でき、衝突被害軽減ブレーキ (AEB) システムに備わる歩行者検知機能を支える低速時の広視野角や、アダプティブ・クルーズ・コントロール (ACC) といったシステムで高速時の比較的長い検知範囲にも対応します。

 

 

More Context: Mobileye News | Autonomous Driving at Intel | Automating Next Generation Mobility at ZF ZF Press Center

 

インテルについて

インテルは業界のリーダーとして、世界中の進歩を促すとともに生活を豊かにする、世界を変えるテクノロジーを創出しています。ムーアの法則に着想を得て、顧客企業が抱える大きな課題を解決する半導体製品を設計・製造し、その進化に向けて日々取り組んでいます。クラウド、ネットワーク、エッジ、あらゆるコンピューティング機器のインテリジェント化によりデータの価値を最大化し、ビジネスと社会をより良く変革します。インテルのイノベーションについては、https://newsroom.intel.co.jp またはhttps://intel.co.jpをご覧ください。
* Intel、インテル、Intel ロゴ、インテルのマークは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。
* その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。